ニュース

韓国の次の標的は日本。地球上で日本は生き残れるのか/倉山満

大陸勢力にとって、韓国の次の標的は日本

 そして、もう一国。役立たずの国がある。日本だ。  韓国のように裏切りはしないが、同盟国として何の頼りにもならない。東アジアのすべての国が、韓国すらも国防努力をしている状況で、防衛力をまるで増やしていない。それどころか、韓国が敵陣営に回ったことを、喜んでいる有様だ。  確かに、韓国の数々の所業は許しがたい。今や多数の日本国民は、文在寅を狂人だと見做している。雑誌でも本でも、韓国の悪口を書けば売れる。お怒り、ごもっとも。  だが、韓国の狂気に対処しなければならないのは、日本なのだ。  国際政治は動く時は一気に動く。北朝鮮にしても、後ろ盾の中露にしても、いきなり南北朝鮮が統一して、アメリカと直接対峙するのには慎重にならざるをえない。だが、世界の歴史を振り返れば、はずみで国が消えた事例など、山のようにある。  古来、朝鮮半島が敵対的になった時、日本には戦う以外の選択肢は無い。白村江の戦い然り、元寇然り、日清日露戦争然り。そしてアメリカが代わりに戦った朝鮮戦争、然り。  文在寅が、北朝鮮やその背後の中露に忠誠を誓うということは、日本は開戦前夜だとの危機意識を持たねばならない。大陸勢力にとって、韓国の次の標的は日本なのだから。  北朝鮮は、軍隊を使わずに韓国を征服した。間接侵略だ。中国も台湾の間接侵略を狙っている。香港問題とは中国にとって台湾問題であり、隙あらば尖閣を奪おうとしているのも、台湾を大陸本土と尖閣で挟み撃ちにして孤立させるためだ。

なぜ軍隊を使って直接侵略をしてこないのか

 では、中国にしても北朝鮮にしても、なぜ軍隊を使って直接侵略をしてこないのか。米軍が東アジアで睨みを利かせているからだ。台湾にこそ米軍は駐留していないが、アメリカの「台湾関係法」は有事には軍事支援を行うことを決めており、事実上の軍事同盟である。韓国とは米韓相互防衛条約を結び、今でも在韓米軍が駐留している。だから、直接侵略はできないのだ。  文在寅政権は、一刻も早く在韓米軍を追い出そうとしている。それが大陸勢力の利益だと信じているかのように。  では日本人は、どう考えるべきか。もはや韓国は実質的に陥落した。だが、形式は残っている。大韓民国は実質的には北朝鮮の衛星国だとしても、形式的には主権国家である。アメリカを挑発するような行動を続けても、在韓米軍は残っている。  日本にとって、在韓米軍の最終撤退までが、最後の猶予期間だ。アメリカを支えるに足る軍拡を行う。台湾や、同じく中国の侵略に怯えるアセアンとの結束を強める。等々、やるべき方策は明確だ。  さて、実行できるか。150年前、列強の侵略を跳ね返した、先人達のように。心ある人たちは、自分が総理大臣になったつもりで考えよう。 ’73年、香川県生まれ。中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員を務め、’15年まで日本国憲法を教える。ネット放送局「チャンネルくらら」などを主宰し、「倉山塾」では塾長として、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交についてなど幅広く学びの場を提供している。著書にベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』のほか、9月29日に『嘘だらけの池田勇人』を発売

嘘だらけの池田勇人

知られざる戦後最高の宰相、池田勇人の物語
1
2
13歳からの「くにまもり」

あなたが総理大臣だったら何をしますか?

テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠