恋愛・結婚

アプリで出会った地雷女。マルチ、宗教、美人局…まさかの三重苦

 マッチングアプリを通じて知らない異性と出会うことは、ここ数年でぐっとカジュアルになった。しかし、ネットの出会いには思わぬトラブルが待ち受けていることも事実。
マッチングアプリ

写真はイメージです(以下同じ)

 今回はあるマッチングアプリで、“三重苦”な女性と出会ってしまった男に話を聞いた。

飲み友探しに、マッチングアプリを利用

 山田奏さん(仮名・27歳)は東京に住むサラリーマン男性。夏休みからなんとなく、マッチングアプリを始めたのだそう。 「マッチングアプリは去年くらいからなんとなくずっと登録しています。彼女探し、と言ってしまうとちょっと仰々しいかな、みたいな気持ちで、手軽に飲む人を探そうくらいの感覚。もちろんいい人がいたら付き合うまでは考えたいものの、というくらいのカジュアルな使い方でした。今まで何度かアプリで女性と飲んだこともあり、今回も夏休みの暇を利用して、飲める異性を探していました」  マッチングアプリの使い方も少しづつカジュアルな雰囲気になってきており、山田さんのような“飲み友ベースで恋人もふんわり探したい”という人の需要も多いように感じる。

アプリであった女性が危ない“三重苦”だった……

 初対面の出会いが得意だという山田さんでも、アプリでの出会いでヤバい女性に会ってしまったこともあるんだとか。 マッチング 女性「ほとんどの女性は、その日1日くらいはまあまあ仲良く過ごせる人がほとんどでしたし、よく連絡し合う友だちになった女性もいます。しかし、いわゆる“地雷女”に会ってしまったのは最近のコト。夏休みにあまりに暇だったのでなんとなくマッチングアプリを開いていて、顔のカワイイ子とマッチしたんです。2個下のその子は、あまりプロフィールが充実していない雰囲気でしたが、なにせ顔がタイプだったので、すぐに飲みに誘いました」  あちらもノリよくOKしてくれ、2人で飲みに行くことに。山田さんはその女性の知り合いが経営しているというバーに誘われたそうだ。 「雰囲気の良い場所で、くつろげましたね。でも2時間ほど楽しく飲んでいた時、異変に気づきました。その時はなぜかすごく深い話を振られ、僕は彼女から“自分が生きる意味ってなんだと思う?”なんて質問もされて。トピックが重すぎるなあと思って話を逸らそうとするのですが、彼女はてんでその話題から離れません。僕が質問に答えあぐねていると、彼女は僕に“謎の経営セミナー”に誘ってきました。その時、これ、マルチ商法かもしれない、と気づきました」 女性「ヤバい、と思ってセミナーには興味がない、と言い切り、早く切り上げようとしますが、店員もグルな雰囲気があってなかなか店から出られません。そのうち、“神様は信じるか”というような話になり、宗教勧誘まで受ける羽目になりました」  マッチングアプリで宗教やマルチ商法の異性に会ってしまったというのはわりとよく聞く話だが、どちらも一気に勧誘されたというのはレアケースなはず。
次のページ 
マルチ、宗教、美人局…山田はどうした?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事