ライフ

ユニクロU 2019秋冬、買うべきメンズ5選…史上最高コスパのコートが誕生

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第246回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 アパレル業界で話題沸騰「ユニクロU」の発売が9月20日にありました。何しろ歴史に名を残すデザイナー、クリストフ・ルメールと、プライスでは世界最高峰のユニクロのコラボレーション。最高のデザインが最低のプライスで手にはいる空前絶後のチャンスです。  今回は特に人気商品が多く、メルカリ市場も湧いています。今回は買い逃しのないようにおすすめアイテムを5つ紹介しておきます。

▼この値段で買える究極形!

ブロックテックオーバーサイズコート 1万7900円(+税) ブロックテックオーバーサイズコート これを語らずしてユニクロUは語れない。「史上最高コスパ」と言っても決して言いすぎでないくらい極上のコートです。  透湿防水性能を備えたステンカラーコート。アウトドアに詳しい人ならご存じだと思いますが「透湿防水」とは元々登山ウェアなどで使われいた機能。  外からの水を弾き、中の湿気を逃がすという特殊素材です。汗による気化熱で体温低下を防ぐために登山ウェアとして開発されていたもの、それがなぜ冬のアウターとして使われるのか……実はこれ現代の都市生活においては最高にマッチするのです。  これからの季節外は寒いけど、電車の中では暑くて汗だくになっちゃう……そんなことビジネスマンなら誰でも経験しているはず。電車でコートを脱ごうとしても狭い車内にそんな余裕はない。汗だくになったまままた再び屋外へと行くと今度は汗の気化熱で体温低下し、抵抗力が落ち、風邪を引いてしまう。  こうしたことを防げるのが透湿防水です。一度使ったら癖になります、ぜひ試して見てください。特に朝の出勤ラッシュに参加する都市生活者におすすめしたい。電車の中で汗だくで蒸れるあの感じがかなり軽減されます。  そんな便利な透湿防水ですが、最大のデメリットが化学繊維ならではの「テカテカ感」でした。しかし、今回ユニクロはウール素材を混ぜたブロックテックを開発。高級ウールコートに近い風合いで快適で現代的な機能を備えたハイブリッドなアウターに進化。「見た目」も「中身」も完璧すぎてこれを買わない理由が見つかりません。

▼アウターとしてもインナーとしても使えるCPOシャツ

フリースシャツジャケット(長袖) 4990円(+税) フリースシャツジャケット(長袖) いわゆるCPOシャツ。ミリタリーで使われるウールのシャツですが、これが実に便利。何しろシャツデザインだけどコート風の素材感なので、アウターとしてもインナーとしても使える優れものです。  デザインは両胸のポケットのみでシンプルなもの。「ポケットのデザインって嫌いなんだよね」と思う人もいるかもしれませんが、実にこのポケットが肝です。ポケットがあるとないとでは見え方がまるで違います。  カッターシャツなどを見れば理解できる通り、インナーに着るシャツは通常、ポケットがない、もしくはポケットが目立たないデザインになっています。それだけにポケットのないデザインにしてしまうと「アウター感」がつくれないのです。なので、ニットの上に羽織るなどしても言いようのない貧乏くささが出てしまうのです。  このアイテムは両胸にポケットをつけることでシャツデザインでもアウター感を与えてくれます。これからの時期はアウターとして使えるでしょう。さらにアウターといってもシャツデザイン、そして素材感もそこまで分厚いものではないのでコートの中に入れることもできます。つまりインナーとしても使えるということ。  アウターとしてもインナーとしてもいけるシンプルなシャツアウター。4990円でウール混の上質素材というのも素晴らしい!
次のページ 
男性最強のモテ服を日常着に
1
2

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事