お金

オジュウチョウサンの平地重賞制覇は可能か? 近年上がり勝負のアルゼンチン共和国杯

ojuutokyo-550x352「もう衰えたのではないか……」前走の六社Sは直線後退し10着の大敗。実施したツイッターアンケートでも今回G2となるアルゼンチン共和国杯では苦戦し着外となるだろうという意見が過半数を超えた。 問:アルゼンチン共和国杯にオジュウチョウサンが松岡騎手で挑戦予定です。他馬も話題の馬たちが揃って激戦の様相。何着になる? 10% 優勝で平地重賞制覇だ! 10% 2~3着で馬券圏内に! 22% 掲示板には入ってくれる! 58% いや、厳しいやろ…6着以下で  今回も松坂世代のネット競馬解説コンビ、公営競技をニコ生やTwitterで解説する筆者・シグナルRightと、ネット競馬ブログ界の重鎮「世界的備忘録」の競馬ブロガーg.kishi氏のコンビでお送りする。

そもそも府中に適性がないのかも

 前走の大敗を見たg.kishi氏は、そもそも上がり勝負の競馬では厳しかったという。 「仕上がり途上だったのか、衰えか。私はどちらでもなく、単純にレースの適性が向かなかったのではないかと見ています。昨秋勝った南武特別はレースの上がり3Fが35.2だったのに対し、六社Sでは33.9でした。過去のオジュウチョウサンの好走歴を見ても上がり時計は35秒台に留まっていたことから考えても、単純な切れ負けではないでしょうか」  確かにそもそもオジュウチョウサンに向いたペースではなかったと考えるべきなのかもしれない。オジュウチョウサンが勝つには、自分の競馬に持ち込む必要がありそうだ。

アルゼンチン共和国杯も「上がり勝負」で苦しい状況

 今回のレースも六社Sと同様になってしまう可能性が高い……g.kishi氏は厳しい状況を想定する。 「過去のアルゼンチン共和国杯から見ても、ズバリ「上がり3F性能」が必須なレースです。2013年以降、勝馬はレースの上がり順位は全て3位以内です。連対(2着以内)まで広げても4回で3位以内でした。1度だけ上がり5位だった馬に2着がある程度で、とにかく上がり性能「だけ」が問われているのが近年のアルゼンチン共和国杯です。 こうなるとオジュウチョウサンは非常に厳しい。前走の上がり負けの恐怖再びといったところでしょうか」  しかし、オジュウチョウサンにとってこの状況を打開する手はあるにはある。
次のページ 
有馬記念を思い出せ!
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事