ライフ

“日本一稼ぐキャバ嬢”が語る「大阪の夜」の怪しい人たち

 2020年、大都市の広域で再開発ラッシュが起こっている。超高層ビルが立ち並び、クリーンな街づくりが進む一方、都会の街は夜になると顔を変え、大麻や殺傷事件など物騒な話題が世間を騒がせた。 今回は大阪編。そんなヤバいニュースのさらなる裏側や、ニッチだが知っておきたい闇情報を、夜の街のプロフェッショナルから総ざらいする!

大人の社交場に詐欺の気配あり。ミナミは半グレが猛威を振るう

「昨日までお店で派手に遊んでいたお客さんが急に来なくなったと思っていたら、実は投資詐欺で警察に捕まっていたといったケースは最近よくあります」  そう話すのは「日本一稼ぐキャバ嬢」として多数のメディアで紹介されている北新地「クラブランス」社長・進撃のノア氏。
夜の[ヤバい街]ランキング

進撃のノア氏

「北新地は『大人の社交場』とも呼ばれ、本当の富裕層や接待で来られるお客様が多いんですが、最近は詐欺まがいの投資や仮想通貨などでボロ儲けした20代の若者が派手に遊んでいるケースもあるんです」  また、客層だけでなく高級酒にも異変が起きているらしい。 「中国本土のチャイナマネーが高級シャンパンを大量に買い占めているらしく、シャンパンの高騰がすごいんです。サロンやクリスタル、ワインではロマネコンティといったところが特に品薄で、ここ4~5年で卸値が5倍から10倍近くにまで跳ね上がったものも」
夜の[ヤバい街]ランキング

チャイナマネーの影響で高騰するサロン。ノア氏が社長就任の際は北新地じゅうからサロンが集められた

 北新地以外の歓楽街に目を向けてみると、より危険度が増す。 「北新地はわりと平和ですが、ミナミやキタでは半グレ集団の勢いがすごいそうです。噂によると特殊詐欺や危険ドラッグなどで稼いだり、悪徳ガールズバーを経営しているんだとか。そんなお店だと知らずに入ったお客さんがとんでもない金額を請求され、さらに暴力沙汰に……」  大阪の夜、懐と気の緩みには要注意だ。

<夜の大阪ニュースランキング>

1位 怪しげな投資で稼ぐ20代の成金が街で豪遊 仮想通貨などの投資詐欺や特殊詐欺で大金を掴んだ若者グループは、夜の街で派手に豪遊するのでかなり目立つ。しかし直近では警察も捜査に力を入れており、検挙されるケースも増えてきた。 2位 チャイナマネーが大阪を襲う 洋酒から高級ブランド、ホテル、不動産まで中国資本が怒濤の買収。 3位 暴力団をしのぐ半グレの暗躍 詐欺や危険ドラッグなどで彼らが稼ぐシノギは今やヤクザ以上とも。 4位 関西を中心に広がる“LINE闇金” 5位 日本女性を韓国人が執拗にナンパ 【北新地「クラブランス」社長・進撃のノア氏】 年収2億円を稼ぐ「超最先端キャバ嬢」として多数のTV番組に出演。現在は北新地「クラブランス」ほか3店舗を統括する <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事