ライフ

最新「ユニクロU」ベストバイ…1500円のエアリズムTシャツは最高品質

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第267回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 というわけで、アパレル業界は大騒ぎ! 年に二回のお祭りイベント「ユニクロU」が発売されました。エルメスのデザインを手掛けたクリストフ・ルメールとユニクロの協業ライン。世界最高峰のデザインを世界最安値で買える、またとない機会です。  ただし! そうはいってもユニクロUの全型全商品がいいわけでもありません。そこで、今回は「これだけとりあえずチェックしとけ!」という厳選4アイテムをご紹介します。  なお、動画でもこの解説しておりますので、ぜひご覧ください。 ブロックテックトレンチコート まずは、ブロックテックトレンチコート。30代以上の読者さんはトレンチコートを通勤用と捉えているかもしれませんが、このコートは街着として日常用に使えます。  トレンチコートはフォーマルに感じさせるデザインが厄介。どんなにおしゃれをしても結局は「ビジネスコート」「仕事帰り」に見られてしまう。その原因はダブルブレストのフォーマルなボタン配列やカッチリとした素材感などにあります。  そんなトレンチコートを今回のユニクロUでは全体的に大きめにサイズアップされていました。着丈もかなり長く、リラックス感のある印象。フォーマルライクなデザインはそのままですが、仕事着に見えないバランスに仕立てています。  また、素材はブロックテック。お馴染みのユニクロが誇る高機能素材です。雨を弾くうえに、内部の蒸れや湿気を逃してくれるアウトドアから着想されたもの。これなら電車の中で汗だくになることもありません。レインコートとしても使えますし、防風性も高いのでインナーを着込めば、秋冬のコートとしても使えます。

●デニムワークジャケット 6990円(+税)

デニムワークジャケット いわゆるデニムのカバーオール。デニムのカバーオールと聞くとアメリカンな印象ですが、こちらはフレンチデザインのもの。同じデニムのカバーオールでもUSとEUではデザイン志向が異なります。アメリカのカバーオールは色落ちが激しく、サイズも大きいラフな印象が強く、野暮ったく粗野なイメージです。  しかし、ヨーロッパ人が手がけるカバーオールは細身で、着丈が短くコンパクトなシルエット。加えて色も品のいいサックスブルーなどが多く、アメリカンな「アタリやデニムヒゲ」などを強調しません。古着で「ユーロワークジャケット」などと調べてもらうと、デザインの差がわかるはず。同じカバーオールでもUSとEUでは印象がまるで違うのです。  ユニクロUを手がけるクリストフ・ルメールはフランスのデザイナー。今回のデニムワークジャケットは、どちらかというとEUライクなデザインに。コンパクトな着丈と細身のデザイン、そして色は均一な表情で、あまり激しいアタリなどはつけていない。それだけに上品にまとまります。 デニムワークジャケット アメリカンなカバーオールでジーンズと合わせてしまうと「ハマショー」にしかなりませんが、こちらの上品なカバーオールならデニムパンツと合わせても品よくまとまる。こんな着こなし斬新じゃないですか?
次のページ
エアリズムのTシャツが登場
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事