恋愛・結婚

男に尽しすぎる女の意外な盲点。銀座ママが語る

 銀座にあるクラブMontereyで、当時の銀座で最年少のママとなった桐島とうかママは、幅広い年代の男性の女性にまつわる悩みをカバーしつつ、20代の若い女性の感性も理解できる稀有な存在。  最近お店でよく話題になるテーマは「男をダメにする女性」の話だとか。付き合ったあとから男がダメになってしまうのは、女性にとっては大きな悩み。とうかさんから「だめんずメーカー」の特徴を学んで、男性も女性も人生の見方をしてくれる恋愛を手に入れましょう。 桐島とうか 銀座で働いていると、「妻と出会えたおかげで仕事が上手くいって、今の自分がいる」という話をお客様から話して頂くことが少なくありません。先日も常連のお客様から「嫁が背中を押してくれて頑張れたから、出世できた」という話を聞きました。  一緒にいる男をより成長させて輝かせる女と、男をダメにする女。男性にもどうせ好きになるのであれば、自分をいい男にしてくれる人を選んで欲しいです。ということで今回も、男をダメにしてしまう女の特徴と、そんな「ダメにする女」を選んでしまう男性心理を、お客様の経験談に基づいて綴ります。

尽しすぎる女

 身の回りの世話を焼きすぎて、徹底的に尽してくる女性と付き合ってしまうと、いつの間にか自分でできることも人にやってもらうことが多くなり、なにもできない男になってしまいます。付き合う男性をダメにしてしまうなんでもやってくれる女性の特徴は、母親のような母性を持っていて、包み込んでくれそうな雰囲気の女性に多いです。  そんな女性に惹かれてしまう男性には、日頃から仕事場などで見栄を張る性格の人が多いです。仕事に真摯に取り組んでいる男性ほど、プライベートでは女性に甘えたいと感じるのでしょう。  そんな「尽し過ぎる女性」と過去につき合ったAさんのお話をします。  Aさんは金融関係の仕事に就くエリートサラリーマンで、彼女と付き合う前はしっかりとした印象で、ワイシャツのしわ1つもない、自分で自分を律されている方でした。  ところが、Aさんに尽してくれすぎる彼女ができてから、ちょっとずつAさんが変わっていきました。身の回りの世話をなんでもやってくれるので、Aさんは自分で家事を何もしなくなりました。自分のわがままやこだわりにも大体応えてくれるので、Aさんはいつの間にか、すべてが自分の思い通りにならないと気に食わない、傲慢な人になっていきました。  仕事でも自分で考えて行動するということが少なくなり、簡単に人に頼ってしまうことが増え、ところどころに甘えが目立つようになってしまったそうです。  彼女と付き合う前のAさんは周りへの気遣いも完ぺきだったのですが、彼女と付き合った後は一緒に食事に行っても自分の飲み物だけを頼む。誰かが片付けてくれると思っているのか、Aさんのテーブル回りは散らかり放題。料理が出てきても箸や小皿などを回さないような、気の利かない男性になっていきました。
次のページ
女性に甘えた経験は体に染みつき、ついに…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事