恋愛・結婚

セックスレスにならない秘訣。結婚10年目調査で“ほぼ毎日”してるのは1%だけ

 夫婦関係のあり方が多様化する現代社会。本来、節目になるはずの結婚10年目が別れの発端になることも? 当事者取材と結婚9~11年目を迎えた男性300人アンケートで見えてきた事実を暴き出す!

今なおセックスは毎日! 夜の営みが生み出す好循環

●久山隆さん(仮名・45歳)結婚10年目 職種:文具メーカー勤務 夫の年収:280万円 子ども:2人
結婚10年目の残酷な真実

「趣味も価値観も合いますが、妻の顔も好みなんです(笑)」。久山さんのノロケは止まらない

 夫婦関係を語る上で「夜の営み」も重要。全国の結婚9~11年の男性300人アンケート調査した「現在のセックス回数は?」の回答を見ると、42.7%が「もうしていない」と回答し、セックスレスであることが浮き彫りに。その中でも、わずか1%の“ほぼ毎日”と答えた人は、果たしてどんな生活を送るのか? 「ウチも一時期はセックスレス気味だったんですよ」  そう明るく話すのは、見るからにパワフルな久山隆さん(仮名・48歳)。6年前、2人目が生まれた直後に妻から「性欲がなくなった」と告げられ、1年に一度あるかないかのペースに落ちたと明かす。 「それから夫婦関係も妙にギクシャクするし、苛立ちが増え仕事に悪影響が。これはマズいと思い、結婚10年目の節目に真剣に気持ちを伝えたんです。すべてを好転させるため、あなたとヤリたい、と」

マンネリなんてない、毎日愛しています!

結婚10年目の残酷な真実

夫妻が愛用している潤滑剤。「寒い日には、湯せんして温めるのも忘れません」。ここにも久山さんの気遣いが

 思いは伝わった。現在は性交痛を少し減らすために医療用ジェルを使うなど、妻の体と快感を最優先にし、ほぼ毎日のように行為に励んでいるという。マンネリはないのか? 「気恥ずかしいですが、僕は妻に救われている。5年前にリストラに遭い収入が激減。以来、家計の7割を販売員の妻が支えている。それでも嫌な顔ひとつせず、家事も育児も完璧。子どもの前でも父としての威厳を保ってくれている。夫婦仲がいいと、子どもも毎日笑顔でいてくれる。もう少しで思春期なのに、生意気なことも一切言わない。妻には頭が上がりませんが、愛があるから亀頭は上がります!」  心身の繋がりが、幸福な婚姻歴を延ばしていくのだ。 Q.現在のセックス回数は? ※全国の結婚9~11年の男性300人にアンケート調査 ・もうしていない 42.7% ・3か月~半年に1回 15.3% ・週に1回 13.7% ・2~3週に1回 13.0% ・月1回 12.3% ・年1回 1.7% ・ほぼ毎日 1.3% <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/長谷英史>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事