恋愛・結婚

月30万円稼ぐパパ活女子大生、外出自粛中にパパから受けたキツい仕打ち

 緊急事態宣言中、あなたはどのように過ごしていただろうか?
スマホを持つ男性

写真はイメージです(以下同じ)

 “ひとりぼっちで寂しくて…”  外出自粛が要請される中、そんなパパからのラブコールに応えたパパ活女子が、思わぬ仕打ちを受けたという話がある。

月30万円の稼ぎがゼロに…

「新型コロナウイルスの影響は、パパ活に大きな影響を与えましたね」  現在大学生の歩さん(仮名・21歳)は、パパ活メインで生計を立てている。様々なパパとやりとりをし、月に30万円ほどの収入があるとか。しかも“身体の関係は一切なし”というから驚きだ。  一般的な大学生よりもはるかに稼いでいた歩さんであったが、新型コロナウイルスの影響により3月と4月の収入はゼロ。幸い、貯金をしていたため、生活費は捻出できた。 「このまま自粛生活が続くとしんどいなぁとは思っていたんですけどね…。思わぬ連絡が来たんです」  連絡をしてきたのは、A氏(仮名・40代後半)だった。 「“寂しいよ~”って、甘えた感じで電話がありました」  会社経営者で独身のA氏は、緊急事態宣言中、ずっと一人で会社のオフィスにいたとのこと。あまりにも歩さんから連絡がこないので、様子伺いも兼ねて連絡したそうだ。 タクシー 歩さんとしても、少しでも手元に現金が欲しいと思っていたこともあり、A氏の会社へ向かった。緊急事態宣言中だったため、人目を気にしてタクシーにて移動。当初は悪いことをしている気分だったというが、「今までのデートの中でも楽しかったですね!」と語る。  A氏の会社に到着したら、ウーバーイーツで大量のデリバリーを注文。社内でワイワイ楽しんだそうだ。大きなプロジェクターで一緒にコメディ映画を見たり、会えなかった期間に起きた出来事を話したり…。とても居心地のいい5時間だったと言う。 「気づいたら夕方を過ぎていました。そろそろ帰ろうとしたら引き留められて…」

5000円を投げつけられ「欲しいなら拾え」

 今まで食事のみの関係だったA氏から、“ついに身体を求められるのでは”と、不安になった歩さん。この状況を打破するために、こういったそうだ。 「“今日のお手当、高くなっちゃうよー”って冗談交じりで言ったら、“今日のお手当はスキップでお願い”と。ふざけるな!って思いましたよ」  A氏曰く、新型コロナウイルスの影響により会社の経営状況が悪化。現在、貸付制度で資金繰りを頑張っているので、今回のお手当は待って欲しいとのことだった。  しかし、歩さんも金銭的な余裕は無かった。しかもタクシー代をかけてA氏の会社まで来ている。せめて交通費だけでもと思い、5000円を要求したそうだ。 怒る男性 「そしたら、“いつまでも飯食って金貰えると思うなよ!”って怒鳴られたんです」  パパ活については色々な意見があるかもしれないが、前提として二人は食事のみでお手当を貰える関係を約束していた。それなのに、A氏のこの発言には問題があるように見える。このやり取りは終電ぎりぎりまで続いたんだとか…。  結局、歩さんはA氏からお手当を貰うことができたのだろうか。 「5000円を投げつけられました。“そんなに欲しいなら拾えって…”」当時の様子を悔しそうに語る歩さん。プライドを捨てて、5000円を拾いポケットにいれたとのこと。そして、逃げるようにA氏の会社を出たそうだ。  喧嘩別れで終わった二人の関係。もう連絡のやり取りは無いかと思っていたのだが…。
次のページ
その後、まさかの展開が
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事