エンタメ

『半沢直樹』の裏話も…アンジャッシュ児嶋がYouTubeで人気沸騰

 TBSのバラエティ番組『王様のブランチ』などに出演しているお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉。最近では今年7月から放送された人気テレビドラマ『半沢直樹』(TBS系)の新シリーズに出演していたことも記憶に新しい。  そんな児嶋は、今年6月に公式YouTubeチャンネル「児嶋だよ!」を開設。約3か月半でチャンネル登録者数が67万人を超えるほどの人気を博している。
児島だよ!

画像は、YouTubeチャンネル「児島だよ!」の動画『児嶋、半沢直樹の最終回にも出演してみた!』より

 「児嶋だよ!」にアップされている動画は、児嶋の日常やルーティンを捉えたものから、ゲームや麻雀を楽しむもの、さらには料理などに挑戦するものまで多岐にわたっている。今回は児嶋の動画のなかから人気や注目度が高かった動画5本を紹介していこう(※再生回数、チャンネル登録者数は執筆時10月13日のデータ)。

歌ってみた:2020年屈指のヒット曲に挑戦もツッコミの嵐

 最初に紹介するのは、今年の春に大ヒットした瑛人の楽曲『香水』を児嶋が弾き語りした、7月14日投稿の『ちょっと自信ないけど香水 / 瑛人 (Covered by 児嶋一哉 弾き語りver.)』。290万を超える再生回数を叩き出している、「児嶋だよ!」屈指の人気動画である。  既存の楽曲を歌う、いわゆる“歌ってみた”系の動画は、YouTubeに限らず動画投稿サイトでは定番のネタ。だが、児嶋が投稿した動画ではただ単に歌っている姿を映すのではなく、ワイプで副音声のように自身の歌唱にツッコミを入れていることが特徴だ。  時には弾き語りの音声を超えるほどの声量で歌声を被せてくるワイプの児嶋の存在感に対して、コメント欄には視聴者からのツッコミコメントが多数寄せられた。

ASMR:不慣れながらもフライドチキンの咀嚼音動画に挑戦

 “歌ってみた”のほかにも、YouTubeではポピュラーなネタを撮影している児嶋。7月28日投稿の『【ASMR】サクサク児嶋のフライドチキン咀嚼音【囁き】』ではタイトルのとおり、聞いていて気持ちよくなるような音を楽しむ動画ジャンル“ASMR(エーエスエムアール)”にトライしている。  動画内で児嶋は炭酸飲料とフライドチキンを食し、炭酸のシュワシュワとした音やフライドチキンの皮のパリパリとした食感の録音に挑戦。勝手がわからないなりに頑張る児嶋の姿に、「いい音」「可愛い」というコメントが集まった。  90万回以上の再生数を記録しているこの動画。好評を受けたからか、『【ASMR】耳かき児嶋が耳をお掃除します!【音フェチ】』や『【ASMR】パリパリ児嶋がりんご飴を食べる音【咀嚼音】』など、ほかのASMR動画も投稿されている。
次のページ
『半沢直樹』に出演した際の裏話も
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事