仕事

GO TOで海の幸が無料?函館で3泊4日のワーケーションを体験してきた

いつも違う場所で新鮮な気分で仕事にも取り組める

 筆者は3泊4日の短期ワーケーションだったため、2日目以降もブラブラ観光をしてはその合間に原稿を書いたり、メールのやりとりを行っていた。
利用したコワーキングスペースがあった大三坂

利用したコワーキングスペースがあった大三坂

 函館山や麓の元町エリアを散策した2日目は、CMや映画などでのロケ地としても有名な大三坂、その途中にあった『函館大三坂オフィス』オフィスに寄って仕事(※1時間300円、1日1800円)。ゲストハウスや一般企業のオフィスがテナントして入っていたが、シェアオフィスのスペースがあり、建物も大正時代のものをリノベーションしていてオシャレカフェのような空間だった。こんな場所で仕事をするのもいつもとまた違った気分になれるので悪くないものだ。
五稜郭近くの無料ワーキングスペース『Gスクエア』

五稜郭近くの無料ワーキングスペース『Gスクエア』

 そして、3日目には五稜郭へ。市電の五稜郭公園前駅の前には無印良品などが入る複合施設があるのだが、4階はワンフロア全体が『Gスクエア』というフリースペースになっており、パソコン作業などが可能な空間になっている。  電源があったのは窓際など一部の席のみだったが、ここはうれしいことに利用料は無料。座席数が多いので高校生などで混雑していた夕方などの時間帯でも席が確保できた。  函館に滞在していたのは4日間だけだったが、観光や地元グルメを楽しみながらも仕事もきっちりこなし、有意義な時間を過ごすことができた。なにより旅行先でも仕事ができるため、オンとオフと完全に分けて考えず済むので日程も組みやすい。  実際に活用している人はまだ少ないと思うが、今ならGO TOトラベルで旅費も安い。今もリモートワーク中など都合が許すのであれば、この機会に一度試してみてはどうだろう。<TEXT/トシタカマサ>ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白