エンタメ

バズるチャンネルの仕掛人、YouTube作家3つの共通点とは

 YouTuberという言葉が浸透し、職業としても認知されるようになって久しいが、近年、その動画作りや活動スタイルも多様化してきている。人気YouTuberの多くはマネージメント会社と契約し、動画の制作やマネージメントなどのサポートを受けており、また、チームを抱えてチャンネルを運営していくYouTuberも少なくない。

バズる仕掛けを考える「YouTube作家」

 こうしたなかで、動画の企画、構成、分析などをメインに行う「YouTube作家」という存在が注目を集めている。  YouTube作家はテレビ業界における放送作家のような役割を担い、マンネリを打破する企画や、“バズる”仕掛けを考えていくことでYouTuberをサポートし、チャンネルの人気維持と向上に貢献しているが、求められるスキルはテレビの放送作家とは異なる。  再生回数や視聴者維持率、コメントといったダイレクトな反応を分析したり、変化し続けるYouTube全体のトレンドを把握したりと、YouTubeというメディアに対する理解が欠かせないのはもちろん、放送作家的な発想力とアンテナ力を備えていないと企画は生み出せない。  YouTubeというフィールドで作家として活動していくには、「いま、何がウケるのか?」「現代に求められるコンテンツとは何か?」という問いに向き合い続けることがなによりも必要なことのように思える。

モンスターチャンネルの裏に、YouTube作家あり

 以下のYouTubeチャンネルを、一度は見たことがあるのではないだろうか。 『フワちゃんTV』 『しもふりチューブ』 『カジサック』 『上原浩治の雑談魂』  このチャンネルすべてにおいて、YouTuberはYouTube作家とタッグを組んで活動をしている。  経歴や活動スタイル、それぞれが異なる個性を持っているが、試行錯誤を続けながら正解を探り、自らの強みを理解し、自分で答えを見つけている、といった共通点も多い。

「フワちゃんTV」作家の長崎周成氏。長崎氏に対してコメントがつくこともある

次のページ
YouTube作家の3つの共通点
1
2
YouTube作家的思考

YouTubeとテレビなど、複数のジャンルで活躍する5名の放送作家たちが、どのような戦略でYouTubeにアプローチし、人気チャンネルに貢献しているのか、YouTubeにおける作家的な思考を明かしていく
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事