仕事

コロナ貧困のキャバ嬢が昼の仕事を探すも…待っていた厳しい現実

 新型コロナウイルス収束の兆しが見えない中で「もう、生活できない」と怒りをあらわにするのは、コロナの感染源として名指しされてしまった「夜の街」で働くキャバクラ嬢達だ。  緊急事態宣言の再発令を受け現在、午後8時までの時短営業となってしまった彼女達が、厳しい状況を語った。

月収は8万円まで落ち込む

ミカさん

ミカさん

 話を聞いたのは大阪の大阪のキャバクラに勤務するミカさん(仮名・26歳)。 「昨年4月の1回目の緊急事態宣言のときに、長期間休んだことで仕事に対してすっかりやる気をなくしてしまったんです。趣味がWebデザインなので、これを機に昼の仕事に転職でもしようかと求人サイトを色々見ていたのですが、なかなか良い条件がなくて。結局、何もやる気が起きないまま店が再開したのですが出勤を週2回に減らされたんです。お客さんが来ないと早く帰らされるので、月収は25万円から8万円近くまで下がりました。  それでも節約しながらどうにか生活していたのですが、11月に入ってまたもや時短営業。オマケに緊急事態宣言ときて、本当にきついです」

昼の仕事を探すも…厳しい現実が

履歴書

写真はイメージです(以下同じ)

 そう肩を落とすミカさんは、11月に時短営業になったときにふたたび昼の仕事を探しはじめたという。しかし、待ち受けていたのは厳しい現実だった。 「ECサイト、美容クリニックのサイト運用などWebデザインが勉強できる求人を見ているのですが、ほとんどが社会人経験があることが条件なんです。今まで水商売でしか働いたことがかったので、募集の時点で門前払いです。そんな中でも唯一、面接まで行けたのがギャル服を取り扱うECサイト。企業HPを見ると社長がイケイケな感じで、代表も元キャバ嬢っぽい雰囲気だったんです。茶髪やネイルもOKと書いてあったので、これならいけるだろうと髪の毛もそのままで面接に行ったのですが、1か月以上経った今でも返事がありませんね」  筆者も経験があるが、ある程度の年齢がいっているキャバ嬢が昼の仕事に転職するというのは条件でかなり絞られてしまう。特にコロナ禍での状況となると余計に難しいだろう。
次のページ
夜の世界の格差が広がるワケ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事