ライフ

「無線LANルーター」販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

「無線LANルーター」の正しい選び方は?

家電量販店

※写真はイメージです(以下同)

 前回はオススメの「オーブンレンジ」を紹介しましたが、今回は「無線LANルーター」をテーマに、私が「買いたい&絶対買わない機種」をそれぞれお伝えしていきます。  テレワークが急速に進む中で、無線LANルーターを新調した方は多いと思います。今回は、購入を検討している方に向けて、5000円前後から1万円以下の手を出しやすいモデルを中心に選びました。  いずれもあまり広くない家向きの商品ではありますが、大家族でなければ、安心して利用できると思います。なお、無線LANルーターには、4000円以下の安価なモデルもありますが、正直、この価格帯の商品はオススメできません。  というのも、ワンルーム用のものが多く、壁の材質によっては電波が届きにくいなどストレスになりがちだからです。もう少し予算を増やして、ワンランク上のモデルを購入するといいでしょう。

現時点では「Wi-Fi 5」で十分

 今回、1位に選んだのは、実勢価格が7000円前後のNECのAterm WG2600HS2「PA-WG2600HS2」になります。  無線LANルーターはバッファローがシェアを席巻しているので、詳しい方は意外に感じたかもしれませんが、PA-WG2600HS2は性能と価格のバランスに優れた高コスパ商品です。  最新の通信規格である「Wi-Fi 6」には対応していないものの、基本的な性能はバッチリ。  むしろ、マンションなどに暮らしていると、Wi-Fi 6は持て余すことも多いので、「Wi-Fi 5」でも問題ありません。  迷ったときは、PA-WG2600HS2を選ぶといいですよ。
次のページ
バッファロー製品はオススメ?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事