雑学

清野とおると行く【赤羽パラレルワールド】紀行

 どこか気になる存在だけど、自分から積極的には近づけない……。そんな思いを街角の不思議な人たちに抱く人も多いだろう。だが、東京には彼らがイキイキ街に溶け込むパラレルワールドがあるらしい。その地は、北区赤羽。漫画『東京都北区赤羽』の著者で、多くの赤羽住人と交流を持つ漫画家・清野とおる氏と一緒に、ワクワクの赤羽巡りに繰り出してみた!

 某日夕方、清野氏と赤羽駅で待ち合わせ。いざ街中散策を開始! が、赤羽駅を出てすぐに、何やら赤い物体が視界に飛び込んできた。……あれは、何だ? すると清野氏が一言。

「あれは、赤羽名物の“赤いおじさん”ですね。話しかけます?」

◆“赤いおじさん”のお宅を拝見!

大塚さんと清野氏の2ショット

大塚さんと、赤い帽子をかぶった清野氏の2ショット。「大塚さんの家は何度来ても飽きないくらい独創的」(清野氏)

 よくよく見てみると、赤い物体と思っていたのは、全身赤い服装に身を包んだ初老の男性。これは、ぜひ接触せねば! ということで、早速声をかけてみた。すると、赤いおじさんこと大塚文夫さん(69歳)からは「何?」とご機嫌な反応。あ、なんかいい人みたい……。すでに赤羽ウォッチャーの清野氏とは顔見知り。そのためか、会って早々に「ウチ来る?」とご自宅にお招きいただいた。

 そこで、ご自宅にお邪魔すると……。赤い。全体的に、赤い。椅子やクッション、小物はもちろん、赤いテープがグルグル巻きにされた謎のベッドや机から、「赤」への相当なこだわりがうかがえる。そして、窓際にはぶらりと干された赤い女性ものの下着が。まさに、真紅のカオス。それにしても、なぜこんなに赤が好きなのか?

「うーん、まあ、赤はほかの色に比べたら、ちょっと好きっていうぐらいで、そこまで大好きなわけではないんだよね。ちょっと前は、全身緑にしてたしね。最近はイメチェンしたくて、黄色い服を探しているんだけど、意外と見つからなくて。もし黄色の服が手に入ったら、全身黄色で歩きたいねえ」

 なんで赤い恰好をしているのかは全くわからなかったが、大塚さんが黄色い服を手に入れられることを祈りつつ、家を後にした。

⇒【後編】へ続く “赤羽のポール・ポッツ”は元漫画家だった!?
http://nikkan-spa.jp/204982

【清野とおる氏】
漫画家。東京都北区赤羽在住。赤羽で出会った人々との交流を描いたエッセイ漫画『東京都北区赤羽』が人気

― 超局地的[街の名物人間]直撃リポート【6】―

東京都北区赤羽

赤羽に秘められた恐ろしいパワー!




おすすめ記事