ライフ

“世界一孤独”な日本のおじさんたち。「新しく友人をつくる気力はない」

今年2月、内閣官房に孤独・孤立対策室が設置されるなど、今や大きな社会問題となった日本人の「孤独問題」。浮き彫りになった“望まない孤独”の正体と、「孤独」が人体に及ぼす深刻なリスクに迫った!

蔓延する孤独の正体。日本のオジサンが危ない?

孤独 コロナ禍によってさらに深刻化している孤独。人々に多様な健康リスクをもたらすことが、最近の研究で明らかになっている。 「東京都健康長寿医療センター研究所では『高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスクは2倍』という結果を発表しています。海外でも『早死にリスクが50%上昇する』という研究結果が明らかになり、孤独は世界中で深刻な病として捉えられています」  そう語るのは、『世界一孤独な日本のオジサン』の著者で、コミュニケーション戦略研究家の岡本純子氏だ。孤独とは「物理的に一人きりの環境下に置かれることだけではない」と語る。 「問題は、自分が望んだ人間関係と、現実の人間関係の間に乖離があるかどうか。政府はこれを“望まない孤独”と定義し、その悪影響を危惧しています。人間関係や環境にかかわらず、『本人が孤独を感じているかどうか』のみが現代の孤独を測る指標になるのです」

日本は「孤独大国」

 孤独死に直結するような中高年はもちろんのこと、最近では子供や女性の孤独化も著しい。日本では、’20年に11年ぶりに自殺者数が増加。特に女性と子供の増加率が高いことが話題になった。 「海外では10年以上前から問題になっていましたが、新型コロナの流行によって人との繋がりが希薄になり、女性や若者の自殺が増えたことで、日本でも孤独問題がクローズアップされました」  そもそも日本人は外国に比べて孤独である可能性が高い。「家族以外の人」と交流がない割合がOECD加盟国中トップで、核家族化・少子化が進んでいる日本は「孤独大国」だといえる。 孤独
次のページ
中年男性が孤独に陥りやすいワケ
1
2
3
週刊SPA!7/6号(6/29発売)

表紙の人/ HARUKA(サイバージャパンダンサーズ)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事