エンタメ

男が選ぶ「もう一度見たい医療ドラマ」ベスト10…『JIN-仁-』は6位に

 1960年3月に日本で初めての医療ドラマとして、岸田國士の長編小説で原作にした『暖流』がフジテレビ系で放映されてから今年で61年。これまでさまざまな医療現場を舞台にした幾多のドラマが世に現れ、シリーズになった作品も少なくない。  2021年7月スタートした今クールにも『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』(TBS系)と『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)が放送中。刑事ドラマとならぶ、ドラマコンテンツにおける定番になっている。  そんな医療ドラマのなかでもう一度、見たい作品はなにか? 男が選ぶ「好きな医療ドラマ」ベスト10を紹介!

10位 医龍-Team Medical Dragon- 8%

医龍-Team Medical Dragon-

医龍-Team Medical Dragon-

 10位は2006年、2007年、2010年、2014年の4期にわたり、フジテレビ系で放映された坂口憲二主演の『医龍-Team Medical Dragon-』。原作は永井明原案・吉沼美恵医療監修・乃木坂太郎作画による青年漫画。  主人公の天才外科医・朝田龍太郎が、大学病院の権威主義や日本医療の深刻な現実に立ち向かいながら、「チームドラゴン」のメンバーとともに奮闘する。2006年放送の1期シリーズでは第49回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞、音楽賞、監督賞を受賞。

9位 ナースのお仕事 9.5%

ナースのお仕事

ナースのお仕事

 9位は1996年に誕生し、その後1997年、2000年、2004年と4期にわたって放映され、さらに2002年には映画化もされた観月ありさ主演のコメディ系医療ドラマ『ナースのお仕事』。  ドジナース・朝倉いずみが数々の失敗にもめげず、一人前のナースへと成長する姿を描いた作品。松下由樹が演じる指導役の先輩ナース・尾崎翔子との掛け合いが人気を呼んだ。
次のページ
7位は豪華キャストが勢ぞろいのあの作品
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事