ライフ

ひろゆきが「努力は報われない」と、子どもだけには絶対に言わない理由

努力することが目的なのは子どもの段階まで

 ただ、成果を出したときにのみ褒めるのは、よくない育て方だと考えています。  成果が出たときだけ褒めると子どもは「成果が出そうにないことはやっても褒められない」と考えて挑戦をしなくなってしまいます。結果が芳しくなかったとしても、何かに挑戦して努力をしたこと自体を褒めるようにしたほうがいいでしょう。  ただ、先述のとおり、社会人になると結果の出ない努力をいくらしても無意味とみなされます。あくまでも、努力することが目的なのは子どもの段階まで。その違いをわきまえていないと、大人になってから面倒なことになります。  こんな感じで、「努力」を教える対象の理解度によって、その教え方が変わるのではないかと思っているのです。西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる

僕が親ならこう育てるね

2ちゃんねる創設者・ひろゆき氏の新刊は“教育&子育て論” ※本の著者印税は、児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられます。


★「子育て」「教育」に関する質問にひろゆきが回答する『僕親』発売記念オンラインイベント

YouTubeで公開中
https://youtu.be/zZR5nkkW2tw


1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠