お金

不調のミスドと絶好調のスタバ。キャンペーンから見えるチェーン店の“愛され力”とは

ミスドの不調にエールが続々と

ポン・デ・リング「ミスド好きなのに、お店がどんどん減って悲しい」 「今月のミスドポケモンドーナツは盛り上がるといいな」 「ミスド、コンビニのドーナツより100倍美味しいけどな…」  これは、2021年11月8日に公開されたミスタードーナツ(以下、ミスド)の不振の背景を分析した記事「ミスタードーナツ『4年で200店が閉店』の謎。コンビニスイーツ人気が逆風に」に対して、Twitterで寄せられたコメントの一部です。  本当にミスドはこのまま不調が続いてしまうのでしょうか? その答えをミスドとスタバのキャンペーンを通じて分析していきましょう。

スタバは4年で300店舗増加

ミスド スタバ

ミスドとスタバの店舗数の推移

 まずは両者のここ数年の店舗数を比較してみましょう。ミスドは2020年に50周年を迎え、スタバは今年日本上陸25周年に当たる年です。そんな両者ですが、ここ数年は勝敗がはっきりと分かれています。  現在、ミスド国内961店舗、スタバ1601店舗と、1.5倍ほどスタバのほうの店舗数が多い状況です。ミスドは4年で約200店舗減少している一方で、スタバは4年で約300店舗増加させており、かつ、コロナ禍でも着実と店舗数を増やし2020年は約100店の出店を行っています。
次のページ
ご当地フラペチーノからわかるスタバの強さ
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠