デジタル

iPhoneの新OSをもっと便利に使いこなす技6選

iOS 15で活用したい新機能とは

 2021年9月に配信が始まったiOS 15は、何回かバグ修正のバージョンアップをして最新版は15.1.1(11月21日時点)。色々と大きな機能強化が行われており、とても便利。そろそろ安定しているので、様子見の人もアップデートしてはいかがだろうか。  大きく変わったSafariについては先日、「iPhoneの新OSは何が違う? アップデートされたSafariに注目してみた」で紹介したので、今回はSafari以外に関するiOS 15の注目ポイントを紹介しよう。
safari

通知をまとめたいアプリと受け取りたい時間を設定できる

 アプリからの通知は受け取りたいが、頻繁に表示されるのは鬱陶しいという人も多いだろう。そんな時は、iOS 15の新機能「時間指定要約」を利用しよう。都合のいい時間帯に指定したアプリの通知をまとめて受け取れるようになるのだ。ランチタイムとか移動時間に表示されるようにしておけば、作業を邪魔されずに済む。 「設定」の「通知」を開き、「時間指定要約」をタップし、「スイッチをオンにする。続いて、よく通知が出るアプリが表示されるので、まとめたいアプリを選択し、「Appを追加」をタップする。  最後に、要約を通知する時間を指定して、「通知の要約をオンにする」をタップすればいい。通知時間は1日に複数回設定することも可能だ。なお、リアルタイムに受取りたい通知のアプリは選択しなければいい。

画像内の文字をテキストとして認識

写真や画像キャプチャに写っているテキストを認識できるようになった

 iOS 15では画像内のテキストをテキストとして認識できる。例えば、友だちの連絡先を聞いたときに、データで送ってくれずに、画面キャプチャを送ってくる人がいる。これまではため息をつきながら、手入力しなければならないところだが、iOS 15ではそのまま文字列を選択できる。メールアドレスなら長押しで、メールの作成画面を直接開ける。
次のページ
ぐちゃぐちゃのホーム画面もスッキリ
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白