カーライフ

34GT-Rが5500万円!フェラーリやランボルギーニより値上がりする理由

ロシアが何をしても値上がりを続ける、スカイラインGT-Rは有事の「金」か!?

GT-Rというクルマは日本が世界に誇るスポーツカーですが、今、ひと世代前のスカイラインGT-Rが中古車市場で爆上がり中(今のGT-Rは「スカイライン」はつきません)。その第2世代スカイラインGT-Rは、マニアのなかでは型式を略して32、33、34と呼ばれておりますが、なかでも激熱なのが34! そんな34GT-Rオーナーが知り合いにいたので、貸してもらいました!
オートクラブ

VIVA!SKYLINE GT-R

永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信(流し撮り職人)=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

フェラーリやランボルギーニより値上がり!

 利上げ見通しにロシアのウクライナ侵攻が加わって、世界の株価が下落している。株価に連動するように高騰を続けていた国産スポーツカー相場も、いよいよ下がるのかなあと思い、ネットを検索して愕然とした。R34型スカイラインGT-R VスペックⅡが、5500万円で売りに出されていたのだ! 走行距離約500㎞のほぼ未走行車ではあるが、まさか5000万円オーバーとはっ!!  第2世代スカイラインGT-Rの最終型であるR34型は、国産スポーツカーのなかでもっとも高騰が激しいが、少し前の認識は、1000台限定の最終「ニュルブルクリンク」(通称ニュル:新車価格630万円)が約3000万円で、相場のてっぺんのはずだった。  ところが現在は、「ニュル」のつかないVスペックⅡでも、3000万円オーバーになっている。ひょっとして34GT-Rは、「株」ではなく、有事に強い「金」なのか?  とにもかくにも、R34型スカイラインGT-Rが、凄いことになっている。10万㎞オーバーの個体でも1300万円。最高は前述のように5500万円。NISMOが19台限定で製作した「Z-tune」だと1億円オーバー?という噂もあるが、取引がないので不明だ。
次のページ
価格がフェラーリ超え
1
2
3
4
5
6
7
8
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白