カーライフ

クルマバカが選ぶ「平成のベストカー」は何? ゆく年くる年クルマ放談

 清水草一×渡辺敏史による年末恒例の自動車放談。今回は愛すべきクルマバカの2人が平成を振り返り、新時代に思いをはせる“ゆく時代くる時代”版!

オートクラブ

クルマバカが選ぶ平成のベストカーはこの2台!


――まずは’18年カー・オブ・ザ・イヤーを選んでください。

清水:全体的にしょぼいんだよね、新車のラインナップが。

渡辺:そのなかで言えば、トヨタのクラウン、カローラ、センチュリーというトリプルCが揃って変わったのは滅多にないこと。

清水:惑星直列級かな。

――’19年10月の新天皇即位パレードはセンチュリーですよね。

渡辺:センチュリーしか題材はないでしょう。

清水:大変だね、あれをオープンカーにするのは。

渡辺:いかにヤン車感を漂わせないようにするかが見どころでしょう。

――もうつくってるんですか?

清水:トヨタには依頼がいってるんだろうか。それとも正式依頼はまだないけれど、ウチしかないとトヨタが勝手につくりはじめてるとか。

渡辺:正式依頼はなくても、ブルペンでは相当投げ込んでるでしょう。

――センチュリーは実際乗るとどうなんですか?

渡辺:相当上等なサルーンです。

清水:ロールスロイス・ファントムを超えたよ! まるで新天皇の即位に合わせたかのようなセンチュリー20年ぶりのフルモデルチェンジ、こんなめでたいことはない!

渡辺:慶事感ありますよ。

――じゃあ、’18年のイヤーカーはセンチュリーでいいですね?

清水:ほかの媒体で言ったことが違うけど(笑)。カーマニア向けにはルノー・アルピーヌ。一般誌向けにはセンチュリーということで(笑)。

オートクラブ

SPA! CAR OF THE YEAR 2018-2019【トヨタ・センチュリー】1960万円

次のページ 
平成のニッポン自動車業界振り返り

1
2
3





おすすめ記事