カーライフ

【痛車】改装費500万円超も当たり前!? 『痛Gふぇすたinニコニコ超会議1』フォトレポート

痛Gふぇすたinニコニコ超会議

『痛Gふぇすたinニコニコ超会議』

 4月28、29日と2日間にわたり幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議』。来場者は2日間で、なんと9万人超! その会場入り口から来場者の目線をクギ付けにしていたのは、全国から厳選された痛車が並ぶ『痛Gふぇすたinニコニコ超会議』だ。今回、会場に並んだのはベンツ、BMWから国産レア車まで、オーナーの推しキャラや作品への愛が詰まった逸品ばかり。

⇒【画像集】コスプレイヤー&痛車が集結!
http://nikkan-spa.jp/202527/nicoitag_00

 アニメ『魔法少女まどか☆マキカ』や、初音ミクほかボーカロイドなどの人気キャラクター仕様、さらには、SUPER GT参戦車や「痛単車」(バイク)や「痛チャリ」(自転車)、マンガ『痛車娘。』作者による登場キャラの痛車など、実に幅広いラインナップで観客を魅了していた。

 痛車というと、一般的にド派手な外装に目が行きがちだが、内装へのこだわりもハンパじゃない! キャラや作品の色で統一された座席シート。運転席には小型モニターを数十台取り付け、もはや操縦席のよう。さらに、スケルトンタイプの後部座席の中にフィギュアが展示してあるなど、細部まで緻密に計算されたデザインはもはやアートの域。経費は、車両本体より高い500万円を超える痛車もあった。

⇒痛車オーナー覆面座談会はこちら http://nikkan-spa.jp/202524

 会場に来ていた痛車ファンに話を聞いてみたところ「ようやく社会人になったので、痛車デビューしたくて勉強しに来ました!」(19歳・男性)と大分県から見に来た若者や、「自分の趣味を誇らしく堂々とアピールしてるところが、カッコいいんです! ゆくゆくは、彼氏にも痛車に乗ってほしいと思って連れて来ました」(24歳・女性)というカップルまで。一度は痛車に乗ってみたいというファンの気持ちがビシビシ伝わってくる。

 なかには、「見る分には楽しいですけど、乗るのはちょっと抵抗あります」(30歳・女性)などの意見もあったが、「でも、フェラーリの痛車やオシャレな痛車なら乗ってみたい!(笑)」とナマで痛車を見たことで心変わりする女性の姿もチラホラ……。に

 とにもかくにも、他のブースとは一味違う盛り上がりを見せていた痛車ブース。その熱気を読者の方にも感じでもらうべく、展示会に華を添えたコスプレイヤーと共に取材班がおさえたド拍力の痛車たちをぜひご覧いただきたい! <日刊SPA!取材班>




おすすめ記事