R-30

眼精疲労にはマジカルアイが効く!?

社会人にとって健康維持は必須だが、カネや時間のかかる健康法には食指が動かないという人向けに、“装着するだけ”でOKの健康グッズ、短い時間でこなせる運動法などがあふれている。そこで本特集では、巷で“効く”と話題の健康法を記者が実践、その効果のほどを検証してみる。

【視力回復】PC眼鏡と視力回復体操で眼精疲労が治るのか?

PC眼鏡

PCから出るブルーライトをPC眼鏡でカット。これで眼精疲労は解消されるのか!?

 ライターという仕事柄、一日15時間はPCとにらめっこ。そんな生活を10年以上続けていたら、35歳を過ぎてから目に疲れが出始めた。夕方になると目が乾燥し始め、夜には眉間がピリピリと痛みだし、充血した目で深夜に眠るというパターン。翌朝、目覚めても目がシバシバしている。

「このままでは仕事にならん!」と思うが、病院に行くのも面倒くさい。そこで注目したのが、今話題のPC眼鏡。なんでも目に悪影響を及ぼすブルーライトをカットしてくれるとか。ブルーライトとはPCやスマホ、液晶テレビなどから出ている青い光で、角膜を傷つける可能性があるらしい。要するに紫外線のPC版みたいなものだ。とはいえ、それだけでは心細い。そこで、古くから“効果がある”と噂の視力矯正本「マジカル・アイ」に目をつけた。「一日3分のトレーニングで視力が回復」って、超怪しいけどアマゾンのレビューでは意外と高評価。うん、この2つを試してみるか。

視力回復体操

短期間で視力回復の効果は難しいが、遠くを見る習慣ができたことで眼精疲労の予防に

 まずはPC眼鏡。ブルーライトだけを反射する無色レンズにしたから、使い心地は今までの眼鏡となんら変わりなし。若干、白色が黄ばんで見えるが、さして気にならない。逆にモニターの眩しさが少し減った。一方のマジカル・アイは遠くに視点を合わせた状態で近くのものを見る簡単なトレーニング。これを一日2~3分実践。ぼ〜っと本を眺めているといきなり3Dの絵が浮かんできて面白い。人間の目は近くを見るときに目の筋肉を使う。遠くを見る目で近くを見るのは、目の筋肉のストレッチになるとか。肩がこったときに腕を回すのが快感のように、目の筋肉がほぐれるのも気持ちいい。

 さて、2週間続けてみるとじわじわと効果が出てきた。例えば、夕方に目が乾いていたのが夜からになり、毎日、眉間が痛かったのが2日に一度に。朝起きたときも目がシバシバしない。若干のプラシーボは認めつつ、実感としては少し眼精疲労が解消された。今回は2つを実践したので、どちらの効果によるものかはわからない。ただ、トレーニング時間が必要なマジカル・アイに比べ、PC眼鏡はレンズを替えるだけで何にもしなくていい。これなら究極のズボラさんも続けられるかもね。

― 巷の[ズボラ健康法]を片っ端から試してみた【4】 ―




おすすめ記事