雑学

過熱する福袋商戦の裏で、巨大化する転売マーケット

新春バーゲン

年末年始の電車の「中吊り」には、新春バーゲンの告知で溢れ返っている

 年々激しさを増す新春恒例の“福袋戦争”が、いよいよ直前に迫ってきた。アベノミクスの恩恵からか、各百貨店とも2014年は高級志向の福袋が人気を呼びそうな気配だが、「変わり種」企画も、例年にも増してヒートアップしている。一戸建ての新築物件と、その完成までの一部始終を『情熱大陸』の制作スタッフがドキュメンタリー映像にしてくれる1億円の福袋をはじめ、結納体験ができる「花嫁修行福袋」、さらには、恋人へのプロポーズを劇的に演出したい人に向けた「新宿アルタビジョン メッセージ企画」なる福袋も登場。各百貨店とも趣向をこらした企画が目白押しで、年明け早々の熱いバトルが、さらなる盛り上がりを見せるのは必至だ。

 もちろん、この一世一代の戦いを前に、ツイッター上でも激しい情報戦が繰り広げられている。11月後半くらいから、全国の百貨店やインターネットの通販サイトの福袋情報が流れ始め、なかには、人気ブランドの福袋の中身が“リーク情報”として飛び交うほど……。決戦を前に、どこのブランドに狙いを定め、いかに効率よく本当に欲しい物をゲットできるかを考える、まさに今が、その正念場と言っていいだろう。

「ただ、福袋を買うために、わざわざ会場のある都心に出てくると考えたら、当然その分の交通費がかさむわけですよね? だったら、『転売』目的で福袋を買っている人たちの出品した商品を、ネットで随時チェックしておくのもひとつの手。すでに、ヤフオクなどには、『ヨドバシ2014福袋』といった“予約受付”の権利商品が出ているほどです」

 ネットオークションやフリマアプリに詳しい中堅ITライターがこう話すように、ヤフオク・サイトを覗くと、12月31日午後1時の時点で、「2014 福袋」のワード検索で実に3000件以上の商品がヒットするほか、楽天オークションでは、「新品未開封」を謳い文句に、ファッションや雑貨福袋などが1円スタートで多数出品されているほどだ。

「インターネットで予約受付をした大手家電店福袋なども、かなりの数出されていますが、これらは販売開始と同時に売り切れるほどの人気です。もちろん、リクエストに合わせてこれから買い集めるわけですから、オンデマンド方式と言ってもよく、内容はかなり期待できるはず。転売業者の手間賃を上乗せして5割増し程度で買ったとしても、十分元が取れるのではないでしょうか。年始早々の極寒の季節に会場前に長時間並んで、何十、何百もの倍率を勝ち取るより、最初からこういった“転売商品”を狙うのも賢い選択でしょうね。しかも、普段手の届かないブランドの商品も組み込める、『無料で交換できる福袋』を謳い文句にしたファッション通販サイトも登場しています。年始の本番の前に、こちらをチェックしておくと、より福袋ライフが充実するのではないでしょうか」(中堅ITライター)

 年々過熱する福袋商戦だが、このような巨大化しつつある福袋転売マーケットを両睨みで利用してもいいのでは。 <取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事