スポーツ

PRIDEファン、感涙必至! 桜庭vsグレイシー対決が再び

桜庭和志,ヘンゾ・グレイシー UFCの日本興行の興奮も冷めやらぬ中、再び日本の格闘技ファンを惹きつけるようなニュースが舞い込んできた。  なんと、11月22日にカリフォルニアで行われるプロ柔術大会「Metamoris(メタモリス)」の第5回大会で、あの桜庭和志vsヘンゾ・グレイシーの対戦が決定したのだ。  ヘンゾといえば、グレイシーハンターとして名を馳せていた桜庭に一族のプライドを賭けて挑み、骨を折られてもタップしなかった男である。  このカードが発表されるやいなや、世界中の格闘技メディアやファンが一様に注目したのは無理もない話だ。  このメタモリスという大会は、ヒクソン・グレイシーの甥であり、過去には桜場との対戦経験もある(ハレックの判定勝ち)ハレック・グレイシーが主催する柔術大会で、過去には第2回大会でヒクソンの息子であるクロンと日本のMMA選手でありサブミッションの達人である青木真也選手が対戦したり、第3回大会ではこれまたグラップリングマニアには垂涎のカードであるエディ・ブラボーvsホイラー・グレイシーというカードが組まれるなど、何かと興味を引くカードを連発し、人気を博しているのだ。  同大会は打撃なし、ポイントなしで極め技オンリーとなるグラップリング(組み技)ルールの大会。さらにグレイシー一族主催ということで、桜庭にとってはいわば「敵地に乗り込む」形になる。  現在、東京都文京区白山でClube de Jiujitsuという道場でブラジリアン柔術を教える黒帯柔術家の和道稔之氏は見どころをこう語る。 「前回はMMAでの試合でしたが今回はグラップリング、試合展開は変わると思います。桜庭選手が上の展開だと動きの少ない試合になりそうですがヘンゾ選手が上になる展開があれば良い試合になるのではないでしょうか」  大会の予告トレイラー動画はすでに公開されており、トレイラーではお互いの「思い」を知ることができる。 「俺はあの日”柔術”をしくじった。今こそ、あの日に戻る時だ」(ホイラー) 「ヘンゾにも興味あるし。運命じゃないすけど……。どーんとこう」(桜庭)  なんともPRIDEの記憶がある日本の格闘技ファンを釘付けにするトレイラーとなっている。  メタモリスはWebキャストでの配信(有料)もあるので、日本からも視聴可能だ。  14年の時を経て、再び相まみえるグレイシーハンターとグレイシー一族。格闘技ファンにとっては見逃せない一戦になるはずだ。 ※大会の予告トレイラー動画
⇒http://youtu.be/kpxdmohwNtE

 ちなみに、桜庭vsグレイシー以外にも、柔術やMMA愛好家ならばたまらないカードがすでに発表されているも見逃せない。 ●Metamoris 05 対戦カード <ノーギ/20分1R> ヘンゾ・グレイシー(ブラジル) 桜庭和志(日本) <ノーギ/20分1R> JT・トレス(米国) ローリー・マクドナルド(カナダ) <20分1R> ユーリ・シモエス(ブラジル) ラファエル・ロバトJr(米国) <20分1R> ヴィニー・マガリャエス(ブラジル) ケビン・ケイシー(米国) <20分1R>  ゲーリー・トノン (米国) ザック・マックスウェル(米国) <シークレットマッチ/20分×1R> (現時点での発表カード) 参照リンク:Metamoris(http://metamoris.com) <取材・文/日刊SPA!編集部 協力/Clube de Jiujitsu(http://www.wado-jiujitsu.com/ )>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事