仕事

女がイラッとくる「Facebookの顔写真」

「女ウケする“奇跡の1枚”」を追求する過程で、「それなら逆に、ダメな顔写真とは何なのか」というお題を検討したところ、ヒアリングに答えてくれた女性たちによる代表的な意見は次のようなものであった。 「オレは自分の好きな写真を貼るんだよ!」という男性はそのまま読み飛ばしていただきたいが、多少なりとも「モテ」を意識している貴兄は、ぜひ参考にしていただきたい。 【1】本人以外の「何か」の写真 ぬいぐるみ、愛用の野球帽、アニメのスクリーンショット、ペットの写真などなど、ダメな例は枚挙に暇がない。なぜ普通に自分の顔写真を貼らない!? 自信のなさか、はたまた逆に自意識過剰なのか。いずれにせよ、「潔くない感じ」がカッコ悪いと不評。 【2】(真正面ではなく)へんな角度から撮った頭部の写真 ちょっと斜めに写っている……くらいなら問題ないが、「わざわざ後頭部の写真を載せている人とかってなんなの?」。真横から撮った写真にも「カッコつけすぎ」と失笑が。 【3】過剰に「寄った」写真 目だけ、とか。「なぜそこまで顔全体を見せることを嫌がる? 犯罪者?」。 【4】鏡の中で自分撮り 割とよくあるパターンではあるが、「男が自分撮りしている姿って、なんか萎える」。面倒がらずにお友達に撮ってもらいましょう。 【5】一眼レフを構えて自分撮り 「4」の変形バージョン。実は本職のカメラマンにも結構多いのだが、「なんだかとっても古臭い」。……仰る通りだと思います。 結局、「ちゃんと顔全体が写った、シンプルなプロフィール写真」が、一番好感度が高いってこと。「単なる証明写真」風にならないよう、ちょっとしたライティングの工夫などはぜひ欲しいところだが、あまりにも凝りすぎたり、逆に自分の顔から逃げたりするような姿勢はNGだ。 取材・文/琵琶子
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事