恋愛・結婚

霊感の強いデリヘル嬢、プレイ中に『あ、オーラが視える』

 かつての江戸城の鬼門に位置する上野&鶯谷エリアには、霊感の強いデリヘル嬢が多いという都市伝説がある。

「4~5年前に、私と同じ鶯谷のデリヘルで働いていたM子は、霊感が強いどころじゃないんです。3Pコースで一緒にお客さんについたときに驚いたんですが、プレイ前に『臨・兵・闘・者……』って印を結んで呪文を唱えるんです」

デリヘル嬢の都市伝説 かつて同僚だった女性のこの証言によると、M子の能力者ぶりには鬼気迫るものがあったという。

「M子についたお客さんが言ってたんですが、あのコはお客さんを見ただけで体の悪いところをズバズバと当てるんですって。しかも、自分とSEXすればその病気が治るって言って本番やってたらしいの。イクときには『あ、オーラが視える』『あなたの霊が視える』とか言うから、気が散っちゃうわよね」

 プレイ中に何かよからぬものが降りてきて交信を始めてしまうようだ。これが事実なら、まともな客は寄り付かないが、実際のところはどうだったのだろうか。

 前出の元同僚女性から聞いたお店の電話番号にかけてみると、まだつながった。さっそく店長に聞いてみると……。

「あ~彼女、2年くらい前にやめちゃったから言うけど、プレイはしっかりしていてリピーターもある程度は掴んでたんだけど、静岡県に本山のある某カルト宗教にハマっててね、それでねえ……」

 言いにくそうに口を濁す店長。祈祷した水や塩を持ち込むのはまだしも、それを客や同僚女子に勧めたらしい。そして、最後は勧誘が始まり問題になったという。

「でも、あるとき彼女にオーラの異変を指摘されて、念のため病院へ検査に行ったんです。すると初期のガンでした。命の恩人なので、あまり悪くも言えないんですよ」

 店長によれば、今でもM子の霊感を頼る客からの問い合わせは続いているという。

― [エロ都市伝説]の真贋に迫る! ―




おすすめ記事