R-30

モンスター社長の暴言&罵声に耐えて5年。最後に選んだ復讐は…

 いわゆる“モンスター上司”と呼ばれる人に多いのが、部下の仕事や性格などを全否定するケース。想像を絶する理不尽に反旗を翻した勇者はどのようにしてモンスター上司を倒したか? その“殺し方”を学ぶ。

モンスター上司 2年前に自らPR会社を始めた神田利紀さん(仮名・36歳)も独立のきっかけは自己中心的な前職のモンスター社長(44歳)だ。

「今と同業種のPR会社なんですが、元大手広告マンの社長は相当のヤリ手で、残業や徹夜も厭わない超仕事大好き人間でした。けど、自分と同じレベルを部下に求め、下町育ちのせいか口もかなり悪い。企画を出せば、『こんなクソみたいなプラン出して、お前みたいなヤツを“給料泥棒”って言うんだよ』なんて当たり前。私は聞き流していましたが、『低能にもほどがある』、『親の顔が見てみたい』など本人だけでなく、親の人格を否定する言葉も毎日飛び交ってました」

 そのため、入社2年以内の離職率は約80%。その半数は3か月の試用期間内に辞めてしまうため、常時社員を募集しているという。

「私は社長の暴言、罵声に耐えながら5年間働いていましたが、年収は約350万円。月100時間前後残業していましたが、その8割はサービス残業でした。それどころか散々こき下ろした社員のアイデアを自分の企画として出していた。私は何度もそれをやられて、独立しようと思ったわけです」

 ところが、神田さんが担当するクライアントは「今後もあなたに仕事を頼みたい」と起業した会社での契約を希望。結果として仕事を奪うかたちになったという。

「月の売り上げが2割ほど下がったそうで、社長から文句の電話が何度も来ました。ウザかったんで着信拒否にしましたけど(笑)」

 日頃の仕事ぶりが取引先から評価されたにすぎないが、これも復讐のひとつといえるだろう。

<“殺し”が成功した要因>
●クライアントに味方になってもらう
●上司の暴言、罵声は反応せずに聞き流す
●スキルと実績を積む場と捉え、割り切って働く

【神田利紀さん(仮名・36歳)】
PR会社勤務。2年前に退職して、今の会社を起業。前職のモンスター社長を反面教師に社員とは良好な関係を構築

― 嫌いな上司の殺し方 ―




おすすめ記事