R-30

転職で年収ダウン。友達も彼女も離れていった…“下流中年”の転落人生

 貧困を苦に新幹線焼身自殺を起こした高齢者がいたように、昨今では「下流老人」が話題である。が、その序章は35~49歳の「中年時代」から始まっており、インフレなどで相対的な給与は減り続け、転職やリストラなどで非正規雇用への転落リスクも高まるこの世代が今、「下流中年」化するケースが増えているのだ。

 そして、彼らを下流化させる引き金となるのが「孤立化」である。ここでは、そんな下流中年の実例を紹介しよう。

◆年収ダウンで家賃滞納。郊外に引っ越したら、誰も遊びに来てくれない
~西原俊和さん(仮名・38歳)/ウェブサービス/年収320万円~

急増する「下流中年」の生活に密着

国道沿いにあるアパートの1Fに住んでいるため、人通りが多く部屋のシャッターは引越し後、2回しか開けたことがない

 35歳超の転職は難しいだけでなく、年収減を引き起こす。西原俊和さんもその一人だ。

「広告デザインを担当していたんですが、朝から晩まで働かされるブラックな職場環境が本当に嫌で、後先考えずに辞めました。転職先が決まらず、ようやく見つけたのが手取り24万円で在宅勤務のウェブサービス会社です」

 かつては恵比寿で家賃14万円のマンションに住んでいたが、当然払えずはずもなく、半年間も滞納。追い出され、今は千葉県松戸市の駅から徒歩20分、家賃5万円のアパートに住んでいる。

次のページ 
「リアルに人(記者)と話したのは10日ぶり…」

1
2




おすすめ記事