雑学

「3000円、ラスト」立ちんぼ売春で生き延びる歌舞伎町の少女たち~19歳・リコ(仮名)の場合~

 昨年、貧困女子高生を取り上げたNHKの番組がきっかけとなり、注目されるようになった「見えない貧困」の中で暮らす少年少女たち。「普通に生活しているようだが、実は貧困」という、一見すると分かりにくい子供たちの置かれた厳しい状況に、改善を求める声が相次いでいる。

 だが、一方で「見える貧困」の中で懸命に生きようとする子供たちは、その実態があまりにも悲惨すぎて、テレビなどの大手メディアが取り上げることは少ない。

わずか3000円で春をひさぐ19歳の少女リコ(仮名)


 新宿・歌舞伎町から大久保方面へ抜ける細い道路の両端に立つ、4~5人の少女たち。その前を横切ろうとすると、携帯に向けられていた視線をこちらに投げかける者、なにか言いたそうに足を踏み出そうとする者、そのまま携帯を見続ける者、と様々な反応を見せるが、一人の少女がボソッと放ったひと言が衝撃的なものだった。

「3000円、ラスト」

 19歳のリコ(仮名)は、東京西部の実家を飛び出して以来、3か月ほど歌舞伎町で暮らしている。「ギャル」らしいメイクのリコだが、金髪に染められた髪の根元は黒い部分が目立ち、白いジャケットの襟部分は、ファンデーションか垢で薄黒く汚れているのがわかる。いや、衣服の全てが汚れているか破れているかという状態で、爪は割れ、前歯の二本が抜け落ちていた。

【見える貧困】立ちんぼ売春で生き延びる歌舞伎町の少女たち「3000円、ラスト」 いうまでもなく、彼女たちはこの通りで自分たちを買ってくれる男性を待つ街娼、いわゆる「立ちんぼ」だ。新宿・大久保界隈といえば、韓国系や東南アジア系の立ちんぼが多くいることで知られていた界隈だが、2000年代中頃には日本人の立ちんぼが出没するようになった。そんな怪しい界隈に、まだ高校を出たばかりの少女たちが現れるようになったのは、この7~8年のことだという。

「普段はイチゴーのホ別、一時間ラストまで。今日は腹減ってるし、ご飯食べさせてくれるなら3000円でいい。寒いし、お風呂も入りたいしね」

 筆者がそれとなく“取材”であることを告げ近くの中華料理店に入ると、リコは炒飯と牛肉と野菜の炒め物、餃子に揚げ春巻きなどを一気に注文する。レモンチューハイのオーダーは、私が下げさせた。外で引っ掛けた客とよく訪れるというこの中華料理店。リコとは親しげに話す店主の老婆の視線は、私から意図的に外されているようだ。

「中学の途中から学校いかなくなって、定時制高校もほとんど行かずに中退。キャバのバイトで知り合ったホストの家に転がり込んで、風俗のバイトやって……。でもウチさ、当時未成年だったし歯もないじゃん(笑)。風俗の面接でも落とされっから、援交しかないよね、実際」

  ご飯のつぶや野菜片を口からこぼしつつ、生い立ちを語るリコ。言動には悲壮感を全く感じさせないが、この現代日本に、どこか遠くの貧困国家で暮らす“ストリートチルドレン”のような子供が存在することに戦慄を覚えた。リコの周りの大人たちの無関心、リコを取り巻く社会が完全に機能不全に陥っているのではないか。

次のページ 
行くとこないよ、マジで

1
2




おすすめ記事