ライフ

ジーパンに飽きたらユニクロの「安いジョガーパンツ」がオススメな理由

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第43回目をよろしくお願いします。 ▼ここ数年みられる「若者のデニム離れ」  ここ数年、波こそあるもののデニムの販売高が激減しています。「若者の○○離れ」なんて常套句にデニムの3文字が入ってしまうとは……。リーバイスの売上は以前と比べ大きく落ち込み、2014年にはピーク時の半分という危険水域にまで到達。国内の老舗エドウィンは2013年に経営破綻、事業再生を申請しています。ナショナルブランドの凋落を見る限り「デニム離れ」は真実のようです。  では、今の若者はデニムの代わりに何をはくのか? 数年前あたりからデニム凋落と歩調を合わせるように人気が出てきたアイテムが「ジョガーパンツ」です。ジョギングをするようなスポーティーなスウェットパンツや裾をすぼめた機能的なパンツのことです。レディースではこのトレンドはすっかり浸透し、メンズでも2015年秋冬には多くみられ「トレンドアイテム」となっています。  そしてそんなジョガーパンツ、我らがユニクロもトレンドにひっそりと乗って、実は良品をリリースしていたのです。 ▼ユニクロのジョガーパンツの完成度に驚き!  ユニクロのHPでも大きく打ち出していて、店舗でも目立つ位置に陳列されている「ジョガーパンツ」――この出来がなかなかのもの。ビームスやユナイテッドアローズなどの大手セレクトショップなどに置かれていてもわからないでしょう。まったく遜色ないうえに、安い!
ユニクロのジョガーパンツの完成度に驚き!s1-1

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/156516

ジョガーパンツ 2990円+税  ほかブランドのジョガーパンツは「スポーティーさ」を意識するあまりスウェット素材などのカジュアル寄りにデザインしがち。30代を超えた私のような中年男性には「ちょっとこれは部屋着に見えちゃうな……」と敬遠するものが多いのです。  しかし、ユニクロのジョガーパンツは遠目にはスラックスに見えるくらいのツヤとハリのあるウールを混紡した素材を採用。もちろん「ジョガー」だけにストレッチ性もあり、はき心地は抜群。裾にはすぼめたリブがありスポーティーな印象もちゃんと備えています。  ファッションにおいては「やりすぎていない」ことがとても重要なポイントです。デニムでもビリビリに破いたクラッシュデニムは使い勝手が悪いのと同様に、スポーツに寄りすぎ、ドレスに寄りすぎ、カジュアルに寄りすぎ……と、「やりすぎている」アイテムは、なかなかほかのアイテムとマッチせず扱いにくいのです。  アイテム単体はいくら美しくカッコよくとも、ファションは全体の印象が重要です。全体の印象がファッションであるがゆえに、「なじみやすさ」「着まわしやすさ」をどうしても意識する必要があるのです(超個性派の方はさておき)。  ユニクロのこのジョガーパンツはその点優れています。ツヤのある黒でスラックスのような印象も持っていながら、シルエットは「ジョガー」らしくやや余裕のあるつくり。「キメすぎ」てもいないし「ラフ」すぎてもいない絶妙バランスなのです。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=943431

ユニクロのジョガーパンツの完成度に驚き!1-1ユニクロのジョガーパンツの完成度に驚き!2-1

 いつもはデニムにTシャツという人も……パンツをジョガーパンツにはき替えるだけでかなり印象は変化します。もちろんTシャツだけでなくシャツやニットなどに合わせてもOK。これからの時期だけでなく春先にも使えるオールシーズン対応の素材感も嬉しい限りです。 「ユニクロでトレンドアイテムなんて……」と思うファッション中毒な方もいらっしゃるでしょうが、先入観を持たずに試着してみてください。試着だけならタダですから。形のよさと素材感の美しさに「これは!?」ときっと驚くでしょう。オススメです。現在、発売中の『最速でおしゃれに見せる方法』では、ユニクロや無印良品を利用しておしゃれに見せる方法や、ファッションの根本的な問題を詳らかにしています。そちらもぜひご一読を! 〈文/MB〉
MB
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超!

最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

ユニクロやGUでもおしゃれな人は何が違うのか?

試し読みはこちら
幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ!https://cakes.mu/posts/19687


最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事