雑学

「買ってはいけないユニクロ」5選――ステテコ、ジョガーパンツ、やりすぎコラボ…

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第139回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は恒例の買ってはいけないユニクロシリーズ。ネタ的なアイテムも交えつつ、ユニクロにこっそり埋まっている地雷を避ける方法を伝授します。

ステテコ 990円(+税)

ステテコ「いやいやいや、ステテコめちゃ快適だから!」というツッコミがきそうですが、違う違う、そうじゃな~い。私自身もユニクロのステテコの魅力は理解しています。通気性がよくドライタッチのユニクロステテコは暑い夏に最適。部屋着としてこれ以上ないほど重宝します。……しますが! コレ、街着として着用されている方、意外と多くありませんか?

 もちろん誰が何を着ようと自由です。「洋服なんて自己満足」と定義するのであればオールOK、気にする必要なんてありません。ただ「他人に褒められたい」「おしゃれに見られたい」と少しでも思うのならば、これを街着として使うのは避けましょう。もちろんワンマイルウェアとして「近所のコンビニ着」ならOKでしょうが、大学生やオジサマはこれを休日の日常着として着ています。ユニクロのモデルなら格好よく見えるのですが、それに騙されないように。私たち一般人が「ステテコを日常着」として履き出したらもうおしゃれも色気もスッカラカンです。

 このステテコ、何より長さが中途半端で膝をすっぽり隠す着丈がデメリットです。短パンを着用した際には露出している脚部分が長いかどうかで「脚の長さ」が判断されます。短パンを日本人が格好よく着こなすには膝ちょい上が理想。あまり短すぎても子供っぽくなります。この丈だとよほどスタイルに自信のある人でないと「胴長短足」が強調され不恰好になることうけ合い。部屋着としてはいいのですが、日常着としては推奨しません。

ジョガーパンツ(デニム・スキニーフィット) 2990円(+税)

mb13902 ユニクロはジョガーパンツを作りすぎました。ユニクロのジョガーの特徴は裾のゴム。通常のブランドならジョガーはリブで表現することが多いのですが、ユニクロは裾を「もんぺ」的にくしゃくしゃと作っています。これがいかにも「ユニクロ」っぽい。

 1年前ならまだまだジョガーパンツもイケていましたが、ユニクロが味をしめたのか本気で大量生産した結果、田舎のおじちゃんにまで普及してしまいました。こうなると、ユニクロ特有の「モンペ型ジョガー」と認識されてしまい、どうも使う気になれません。一般ブランドもやっているリブ仕様のジョガーパンツならまだしも、こちらのタイプはそろそろ食傷気味。「それユニクロだよね!」と会う人に言われることでしょう。

SPRZ NYスウェットプルパーカ(長袖)+E 2990円(+税)

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1379602

mb13903 最近UTシリーズはスウェットにまで波及しています。こちらはUTですっかりお馴染み、キース・へリングのプリントアイテム。20世紀ポップアートのアイコン的存在、偉大なキース・へリングもユニクロとコラボしすぎました。もはやキース・ヘリングのグラフィックを見ると「キース・へリングだな」より「ユニクロだな」が先行します。ユニバレを避けるならぜひともやめていただきたい。

 加えてこのプリント、大きな面積に赤や黄色と注意を引く派手な色彩が踊りまくっています。カジュアルなアイテムであるパーカーに、カジュアルな派手な色彩のプリントを入れてしまえば子供っぽくなること必然。30代以上の男性が袖を通すと「とっちゃん坊や」の完成です。スウェットの素材も形も良いだけにこれは残念すぎる。他人の目を気にする大人は無地モノを選びましょう。

次のページ 
「夏休みの昆虫採集」的なアイテムも…

1
2
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事