ニュース

違法カジノに井川氏をハメた手口公開

◆つくられた“VIPルーム”蟻地獄に嵌った御曹司

井川意高

井川意高前会長。創業者の御曹司で東大法学部出身。六本木界隈の人脈も深いという

大王製紙の前会長、井川意高容疑者(47)の巨額借入金事件が世間を賑わせている。連結子会社から100億円超の資金を借り入れていた問題で、世間の耳目を集めたのが、このカネの使い途だ。

井川容疑者本人も認めているとおり、そのほぼ全額は海外のカジノクラブや国内の闇カジノでのバカラ賭博での負債であったという。しかし普通にカジノで遊んだくらいで、100億円もの巨額なカネが泡と消えるものか、という疑問が持ち上がる。

「2年半前、歌舞伎町の闇カジノで頻繁にイカサマが行われていた。そこに客をハメるためのサクラ役として行ったことがあるんだけど、ターゲットとして紹介されたのが、今にして思えば井川だったね」

こう話すのは、かつて闇カジノのディーラーをしていたAだ。

「裏カジノには大抵、警察に目をつけられて店を閉めなくちゃならなくなった場合の仮営業用に“手配箱”と呼ばれる場所がある。そこを“VIPルーム”と偽って井川を連れていった。俺はそこでバンカー(胴元)がカードをめくるときにカードをすり替える“マジシャン”という役をやっていたけど、ディーラーなど、店側の人間は全てグルだった。“お引き”といい、カモ(井川)を店まで連れてきた男、さらには居合わせた他の客もみんなグルという場所だった」

彼らはこういう場所を「殺し箱」と言い、井川前会長のような金持ち1人だけにターゲットを絞り、イカサマをすることを「一本釣り」と呼ぶという。

「大抵金持ちは『ここはVIP専用だから人目につかず楽しめますよ』と吹き込むと安心する。一般客を入れず、身なりのいいサクラも仕込んでおくから、簡単に“一本釣り”されていくね」(A)

井川前会長のケースはそうした例の典型だったとAは笑う。

「毎回サクラにはさまざまな手を使って井川の共通の知人か、名前を知っていそうな業界人などを仕込んでいた。俺はその場にいなかったが、国民的アイドルグループのオーナーであるSとか、加護亜依の彼氏の安藤とかも絡んでいたと聞く。Sはもともと自分でもハウス(闇カジノ)を経営していた人間だから合点はいくよね。ここはレートも高くて“スカイ”(青天井)だった。俺がいたときは井川は2500万~3000万円くらいは負けていたんじゃないかな……」

※【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/94369
元裏カジノ経営者のBが盛り場での接待漬けの様子を語る

写真/産経新聞社




おすすめ記事