恵比寿で消耗した男たちよ、「エビスナ」に向かえ!

 恵比寿といえば、合コンとグルメの街として知られる都内屈指の繁華街。また、ここ5年ほどはナンパスポットとして名高い恵比寿横丁(エビ横)の存在感が大きいだろうか。そんな「出会いの交差点」とも言える恵比寿だが、近年はどうも居心地が悪い。エビ横は強気の料金設定をする店が増え、若者客が目立つ。かつてのように、うまい料理に舌鼓を打ちつつ、美女との出会いに酔いしれる、大人の空間はそこにはない。

エビ横

ナンパスポット恵比寿横丁だが、若者客増加で大人の空間では…

 そんな絶望感に打ちひしがれていた折、チャラリーマンのS氏(36歳・恵比寿在住)に呼び出されて向かったのは、エビ横とは逆の西口にある一軒の雑居ビルだった。

恵比寿駅西口

エビ横とは逆の西口に向かえ!

「最近、恵比寿で合コンしても結果出てないでしょ? その後にヤケクソになってエビ横でナンパしても消耗するだけ。こっちで飲み直しましょうよ」(S氏)

 言われるがままビルの階段を下りていくと、そこは昭和風の看板を掲げる店が林立するスナック街だった。一軒の扉を開けるS氏。

雑居ビル

雑居ビルの階段を下りていくとそこは…

「いらっしゃいませ! あ、ご紹介ですね? どうぞ!」

 黒髪の上品な美女が出迎えてくれる。なんとムーディな空間。恵比寿にこんな店があったのか!

 なんでもこのビル、約40年前から地元民に愛されるスナック街だったが、ここ2年ほどで年配のママたちが引退し、店舗の新陳代謝が進行。客層にも大きな変化が起きているという。今回訪れた「NEON」も、昨年9月にオープンしたばかりだ。

「最近は30代のOLが一人で飲みにくることも。思わぬ出会いがあるかもしれないよ」(S氏)

スナックの進化形「エビスナ」

エナさんとレイさん

カウンターに立つ女性は曜日ごとに代わる。火曜担当のエナさん(26歳・左)と、月曜と土曜担当のレイさん(33歳・右)。

 カウンターに立つ女性は、スナックのイメージをいい意味で覆す美女揃いだ。黒髪美人のレイさんは、銀座のホステスを経てこちらのスナックのママになったという。

美女と語らう夜「最近コリドー街は騒がしいし、エビ横も入りにくくなってますよね。落ち着いて飲みたいなら、こっちに遊びにきてください」

スナックらしく歌い明かすのもアリ

元銀座のホステスというレイさんとカラオケデュエット。スナックらしく歌い明かすのもアリ。

 モデル体形のエナさんは、ロンドン生まれの26歳。とてもスナックのカウンターに立つ女性のスペックとは思えない。

しっぽり語り合う夜

カウンター越しのエナさんや常連客としっぽり語り合う夜もあり。エナさんは、6月までこのスナックに通っていた常連客。場所柄、訪れる客も洗練されており、思わぬ出会いがあるのもエビスナの魅力だ。

「お客としてこの店に来てたんですけど、お酒が好きなのでここに立っちゃいました(笑)」

 ママや店内の雰囲気も含め、「エビスナ」はスナックの進化形とも言える存在だ。かつて、エビ横でフラれたあの夜を忘れるように、ママと「慟哭」を歌う私であった。

NEON【NEON】
住:東京都渋谷区恵比寿南2-3-3 第一恵比寿マンションB1
電:03-6412-8400
営:21時~LAST 
休:日・祝
料:チャージ3000円、ドリンク800円~ 会員制。初来店時は要TEL

NEON風景撮影/長谷英史 協力/S氏

ワルヂエ新宿在住。夜の店ではおさわり癖アリ。「話せばわかる」が口癖。好きなタイプは公務員
ワルヂエの他の記事