お店のスタッフは全員カープ女子のガールズバーで野球飲みを楽しむ

 旧知のエロライターである中山美里さんから、飲みの誘いがあったのは、私の愛してやまない中日ドラゴンズが広島に10点ほどブチ込まれて大敗した翌日のこと。

「最近広島カープ、すごいじゃないですか。カープ女子のやってるスポーツバーにビールでも飲みに行きません?」

 ボロ負けで傷心の私に向かってカープ女子の店に行かないかとは、傷口に塩を塗ることにほかならない。私は思わず電話で怒鳴った。

「いったい中日は広島相手に何敗してると思ってるんだ!」

 しかし、返す刀で中山さんは、

「じゃあ負けた貯金をカープ女子に返してもらえばいいのよ」

 なんて言われて向かったのは、六本木にある「SPORTS BAR C」だ。

球場にいるような雰囲気で飲める店

SPORTS BAR C

写真右手前からナツミちゃん、カヨちゃん、ニシコちゃん。写真左奥はエロライターの中山美里さん。カープ話だけじゃなく、野球談議やいろんな話ができるので、カープファン以外にもオススメしたい店だ

 カープ女子と言えば、12球団で一、二を争うかわいさで有名。以前、マツダスタジアムを訪れた際も、熱狂的でかわいいカープ女子の多さに激しく嫉妬。私、中日ファンではあるが、カープ女子のかわいさには試合前から白旗である。

 出迎えてくれたのは店長のカヨちゃん、そしてスタッフのナツミちゃんとニシコちゃんの3人。

「わたしたち、カープは大好きなんですけど、カープの知識は完全にお客さんのほうが上(笑)」

SPORTS BAR C 兄の影響でカープファンになったという店長のカヨちゃん。勢い余って店まで出すからには、かなりの“ガチファン”と思いきや、マイルドなファンで安心した。スタッフのコたちも同様だ。お酒が大好きなニシコちゃんに、普段お店はどういう感じなのか聞いた。

「ウチのお店は本当にアットホーム。家族連れでいらっしゃる方もいるくらいなんですよ!」

 それで安心した。あまりにもガチなカープ女子だったら、私はメガホンでぶん殴られているところだった。私は野球好きではあるが、こうしたファンの集まる店はやや敬遠していた。その理由は客も店員もガチファンすぎて、疲れてしまうからだ。だが、ここではそんなことはない。

 他球団ファンの私を温かく出迎えてくれたカープ女子たちと飲むにつれ、もう、中日なんてどうでもよくなってしまった……というのは、言いすぎか。

SPORTS BAR C ちなみにそれぞれの推し選手を尋ねると、ユカちゃん菊池涼介。ナツミちゃんとニシコちゃんはそれぞれ鈴木誠也。

「今のお店の悩みは、マニアックなカープトークができるコが少ないことですね」

SPORTS BAR C

店を埋め尽くすカープグッズの数々。カープ女の子のペナントを手にするナツミちゃんは、カープグッズを集めるのが趣味だとか

 笑顔でお酒を飲むナツミちゃんが悩みを打ち明けてくれたのだが、残念ながら私が教えてあげられるのはマニアックな中日トークだけ。仲よくなれないね……と呟くと、

「でも、ドラゴンズはたくさんカープに負けてくれたから」

 などと、絶妙な返しで思わず酔いも醒めた。野球のない月曜の夜、私はカープ女子を相手にしこたま飲んだのであった。

SPORTS BAR C【SPORTS BAR C】
住:東京都港区六本木4-12-4シミズビルB1
電:03-5770-5622
営:18~24時
休:日曜
料:チャージ500円 税・サ20%
飲み放題スタンダードプランは最初の1時間2000円(30分延長700円)
女性限定で90分飲み放題無料キャンペーンを実施中

SPORTS BAR C撮影/赤松洋太 取材協力/中山美里

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー