「えっ!? 20代?」予想を裏切る下町熟女キャバはここが楽しい

 都心の熟女キャバクラといえば、キャストの平均年齢は30代半ばから40歳。そのため、この手の店の紹介記事では世代が同じなのでおっさんでも話が盛り上がる、といった論調で説明することが多い。だが、私に言わせれば熟女キャバクラが楽しいのは、新宿や渋谷、六本木などの都心よりもむしろ下町なのである。その理由、おわかりだろうか。

 もったいぶらずに答えを言おう。実は、下町にある熟女キャバクラは、都心よりもより素人臭が強くなるため会話のタブーが少ないだけでなく、「熟女なの?」と思う20代前半の若いキャストが在籍しているケースが少なくないのだ。

いい意味で裏切る多様性あるキャスト

キャストの多様性

右からのぞみチャン(38歳)、まどかチャン(23歳)、えみチャン(34歳)。年齢は幅広いが、キャストのレベルの高さに驚かされる

 その最たる例が今回訪れた新小岩にある「アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち」。

“熟女キャバ”と謳っているが……

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女た その店名通り、キャストの年齢は20~40代と大変幅広い。そもそも、熟女のことを「アンティーク美少女」と名づけるこのセンス、間違いなくプロの仕業だと思ったあなたは鋭い。実はこのお店、東東京エリアのナイトワーク系メディアの読者ならば知らない人はいない、「下町の糸井重里」ことコピーライターの北大路枕氏が内部スタッフとして働いている店なのだ。

「毎回似たようなコが席につくより、年齢も系統も違うコと話したいというお客さんが意外と多いんですよ」

 というわけでキャストの多様性をご覧あれ。

まどかチャン(23歳)

まどかチャン(23歳)

 巨乳のまどかチャンはなんと23歳。熟女でもなんでもないし、めちゃめちゃキレイ! 新小岩になぜたどり着いたの?

「レッズファンだったので浦和のキャバで働いたあと、都心に近い新小岩に移籍してきました!」

 新小岩が都心に近いのかは議論が分かれそうだけど……。お酒は好き?

「ウイスキーもワインもなんでも飲むくらい大好きです! 好きなコールは『全然飲んでへんやないかいっ! いっぱい飲んで深夜徘徊!』です!」

合コン気分で飲める素人感!

幅広い

キャストは20代から40代までと幅広い。ここまで多様性があると、話が合うコが必ず見つかる

 続いてスレンダー美女のえみチャン。これまた謙虚なコで……。

「私は千葉から来てるので、おのぼりさんなんです……。都民じゃなくてすみません。ちなみに、盛り上がる話は断然下ネタです!」

「マジで? じゃあ好きなエッチ聞いていい? おじさんのねちっこい感じとか、どうよ?」

「全然あり! 淡泊なのよりは、しっかり愛してくれる感じのほうが好きですね!」

 さすが熟女キャバクラ!

 普段歩かない街にふと降り立ったとき、あえてクセのある店に足を踏み入れると、いい意味で予想を裏切られる。隣に座るキャストが代わるたび、タイムマシンに乗ったように話題が変わる葛飾の夜を楽しむ私だった。

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち

【アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち】
住:東京都葛飾区西新小岩1-9-1ファーストウッドビルⅡ3F
電:03-5654-6888
営:20:00~LAST
休:日
料:4000円(20:00~20:59)、5000円(21:00~21:59)、7000円(22:00~LAST)
サ:15%
指:3000円

撮影/長谷英史

ワルヂエ新宿在住。夜の店ではおさわり癖アリ。「話せばわかる」が口癖。好きなタイプは公務員
ワルヂエの他の記事