「手がしびれる…」清原容疑者の不可解な発言をメディア関係者が語る

 清原和博容疑者逮捕のきっかけとなったのがいまから約2年前の週刊文春(2014年3月13日号)の入院報道。その後、一切のメディア出演を控えていた同氏だが、報道から約1年後の2015年初頭、沈黙を破って初めて某週刊誌の取材に応じることになる。

 当時の状況を知るメディア関係者は、清原容疑者の不可解な発言を次のように振り返る。

「取材の合間に、清原容疑者と覚せい剤所持報道の話題になりました。彼は『クスリはやってない』と答えていましたが、彼はその時点で発行元の文藝春秋を訴えないことを決めていた。それで『なぜ訴えないんですか』と聞いたら、意外な答えが返ってきました」

 清原容疑者は、「恩師から訴えないほうがいいと言われたので(訴訟は)やめた」とこぼしていたという。

 では、この「恩師」とは誰のことだろうか。素直に考えれば球界関係者という見方が妥当だろうが、その可能性は低い。

球界関係者とは距離を取り始めていた



 実は、2015年初旬の時点で、清原容疑者はPL学園時代からの付き合いである桑田元投手はもちろん、ほかの巨人選手OBともほぼ連絡を取っていなかったと言われている。球界関係者以外で彼が「恩師」と呼んでいた人がいたとすれば、それが裏社会の人物であることは否定できない。

 昨年11月に始めた公式ブログ(現在は閉鎖)に何度も綴っていたように「息子に会いたい」と一年前から吐露していた清原容疑者。球界関係者から距離を取り、一人暮らしを始めて寂しさを募らさていたことは間違いない。

 メディア関係者によると、別れ際に清原容疑者が漏らした一言が印象に残っているという。

「別れ際に『手のしびれがあるからこれから病院に行く』と語っていました。当時は持病の糖尿病に悩まされていると本人が語っていたので、その通院だろうと思っていました。クスリを使っていたことがわかっている今では、その発言もどこか意味深に感じます…」(メディア関係者)

 今後、新たな事実が報じられるにつれ、清原容疑者と球界関係者、そして闇社会とのつながりがさらに明らかになるだろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中