ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第76回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

「COS」というブランドをご存じでしょうか?

 欧州を中心に全世界で100店舗以上を展開するブランドですが、実はこの「COS」、あのファストファッションブランド「H&M」が運営しているのです。

 H&Mといえばジーンズ1本2000円とユニクロや無印良品など国産ファストブランドと比べても一歩も二歩も安い超格安ブランド。ZARAに次ぐ世界第2位の売上高を誇る巨大ブランドです。そんなH&Mが手がけている高級ブランド業態……これが実はものすごくオススメなんです。

びっくりするほどコスパがいい!!

 COSは日本においては2014年に進出したばかりでまだまだ駆け出し。南青山と横浜の2店舗しか展開がありません。先日南青山店にお邪魔してきました。

01

メンズは地下1階に

 ラグジュアリーな内装でまとめられた店内にH&M色は一切ありません。そもそもお店の立地も凄い。都内屈指のハイブランド集積地である南青山のみゆき通りに建っています。並びにはPRADAやCartierやCOMME des GARCONSなど世界に名だたる高級ブランドが軒を連ね、そのなかでもひときわクラシカルなレンガ造りの外装が「COS」。安っぽさは皆無です。

「そんな並びにあるってことは洋服も超高級品ってこと?」と思うかもしれませんが、実は値札を恐る恐るひっくり返すと拍子抜けします。Tシャツなら4000円ほど、デザインの凝ったカットソーでも8000円、シャツで1万円前後でしょうか。凝ったコートなら3万円以上のものもありましたが、多くはユナイテッドアローズのオリジナル品と同じくらいの価格で決して「強烈に高い」部類ではありません。

 しかしその品質はみゆき通りに並ぶブランドと並べても大きく見劣りしないほど高いもの。

●HEMP SHIRT £59

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1110702

2

●ROUND-NECK T-SHIRT £49

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1110703

3 個人的にシャツとカットソーをGETしてきましたが、シャツが1万500円(税込)でカットソーが8500円(税込)。

 シャツは艶のあるきめ細かいリネン素材。ボタンもプラスチックではなく貝ボタン。形もトレンドライクなやや着丈長めのルーズな形。「ハイブランドがつくったシンプルなシャツ」といった様相です。カットソーもシャツ生地を使ったこちらも流行のデザイン。オーバーサイズでゆったりと着用できますが、艶のあるシャツ生地なので野暮ったい印象のないアイテムです。

 実際に見て着てみると理解できますがちょっとびっくりするくらい品質も形もデザインもいい。もちろん当たり外れはありますが、「当たり」に関しては「え!? この値段でいいの!」と驚くほどです。

次ページ値段が手頃なのに、高級ブランド並みのデザインと質

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中