水樹奈々ツアーファイナル@QVC「夜空を彩る花火に息を呑む」

水樹奈々 今年6月にスタートした水樹奈々の全国ツアー「NANA MIZUKI LIVE UNION 2012」の最終公演が、9月8日、QVCマリンフィールドで行われ、のべ10万人を動員した同ツアーの幕が降りた。

彼女にとって約6年ぶりの野外公演となったツアーファイナルでは、ライブパフォーマンスはもちろんのこと、趣向を凝らしたさまざまサプライズに、会場へと詰め掛けた36000人が恍惚へと誘われた。

冒頭、空がまだ暮れなずむなか、ステージに水樹が登場すると、会場にむけてウォーターショットが放たれ、1曲目の「POP MASTER」がスタート。夏場の屋外ライブならではの、いきなりの“出迎え”に夕暮れの観客席が早くも歓喜に包まれる。

アップテンポなナンバーを中心に展開された今回のセットリスト。その中盤のハイライトは、すっかり日も落ちた15曲目「Synchrogazer」、16曲目「NEXT ARCADIA」に訪れる。

水樹奈々⇒ライブフォトレポート【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=292268

水樹扮する女海賊の冒険を描いたムービーが大型ビジョンに流されたのち、30mの高さに宙づりとなった水樹がステージ中央から登場、観客席を横断しながら熱唱を開始する。さらに「UNION STAR号」と名づけられた帆船がムービーから飛び出し、会場を周回、アリーナ席を越えた水樹が甲板に降り立つと船は彼女を乗せ、オレンジに輝くサイリウムの海を渡った。

そして、ライブは終盤へ。最後の曲「宝物」を前に、ファンやスタッフとの絆を深めたかったという今回のツアーへの思いを語り、「本当にいつもたくさんの愛をありがとう」と感謝の言葉を伝えた水樹に対して、ファンは「奈々!奈々!奈々!」と声を振り絞り続けることでそれに応えた。

そうして会場の一体感が最高潮に達したまま迎えたアンコールに、劇的なクライマックスが待っていた。アンコール3曲目の「星空と月と花火の下」。曲が2度目のサビに差し掛かると、ステージの向こう側、夜空に「ヒュー、バーン!バーン!バーン!」と心地よい音を響かせ、花火が打ちあがる。予想を超える演出に観客席は、ワンテンポ遅れで「キャー!」と悲鳴にも似た声で感情を爆発させた。曲の終わりに一番の大輪の華が咲くと、間近で上がる花火の音にも負けないこの日一番の歓声が幕張に響いた。

白地に青の衣装を身にまとい、光の大海原へと帆船を走らせる荘厳な姿に加え、夜空を照らした300発の花火。その絢爛な演出に思わず言葉を失いっぱなしの一夜となった。

※セットリストはこちら⇒http://nikkan-spa.jp/292271

水樹奈々<取材・文/日刊SPA!取材班>

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中