「コウノトリと一緒にスローライフ」のススメ

日本をつなげ!プロジェクト
~電気自動車で全国の「元気!」を突撃レポート~

第4回:兵庫県豊岡市『ハチゴロウの戸島湿地』

 電気自動車で各地の「元気!」を訪ねる『日本をつなげ!プロジェクト』。前回(http://nikkan-spa.jp/317288)に続き、兵庫県北部、但馬地方からのレポートだ。信号も交通量も少ない但馬の道。自然が身近にたっぷりあって、ぐるりと周遊しても100km程度で存分に楽しめる広さがEVドライブにちょうどいい。但馬は私が高校卒業まで生まれ育った故郷でもある。深刻な過疎に悩む我が故郷。真面目な話、道の駅などの急速充電器や、宿泊施設と観光施設の200V充電器を整備して、「EVの楽園」として京阪神からの観光誘致に活用すればいいのに、としみじみ思う。ちなみに、急速充電器は但馬の中だけじゃなく、京阪神からのアクセスルート上にも必要だ。

円山川

円山川越しに湿地を望む!

 さて、豊岡といえば「コウノトリ」。豊岡では1960年代から絶滅寸前のコウノトリを飼育していて、2005年に初めて放鳥。全国のメディアで大きく報じられた。現在では、市内を流れる円山川(まるやまがわ)の流域に『ハチゴロウの戸島湿地』など放鳥されたコウノトリの保護地域が作られて、2012年7月には「円山川下流域・周辺水田」がラムサール条約に登録された。

 市の施設である『ハチゴロウの戸島湿地』を指定事業者として管理しているのは『コウノトリ湿地ネット』というNPOグループだ。代表の佐竹節夫さんは、もともと市の職員としてコウノトリの保護や繁殖を担当していた。市役所に勤めつつ2007年に市民グループを旗揚げ。2009年に『ハチゴロウの戸島湿地』の完成とともに定年まで2年残して市役所を退職し、コウノトリのための湿地管理に取り組んでいるという。

 水田など、生息する湿地の生態系の頂点に立つのがコウノトリ。「コウノトリはもともと人里で生きてきた鳥です。絶滅の危機に陥ったのは水田で大量に農薬を使ったから。コウノトリが棲みやすい水辺を守る活動は、ゲンゴロウのためであり、アメンボのためであり、カエルやドジョウやフナのためになり、ひいては周辺に暮らす人間のための環境を守ることにつながるんです」と佐竹さん。

 効率ばかりを追いかけて農薬まみれになってきた日本。でも、コウノトリを守る活動が、人間にとっても健康的で心豊かな生活環境や食べ物をもたらしてくれる。普通の町で「無農薬、減農薬で環境保護を!」なんて呼びかけても、実際に農家の賛同を得るのは大変だろう。でも、ここ豊岡では「町のシンボルでもあるコウノトリのおかげでスムーズにたくさんの人が協力してくれる」(佐竹さん)。まさにコウノトリこそが、豊岡におけるスローライフの象徴になっているということだ。

『ハチゴロウの戸島湿地』には、コウノトリが巣を作るための巣塔があり、開園以来5年間連続して巣作りをしてくれて「11羽のひなが巣立っていった」(佐竹さん)という。園内の観察小屋からは、冬から早春にかけて巣作りや子育てをするコウノトリの姿を観察できるはず。豊岡市内には『コウノトリの郷公園』や『コウノトリ文化館』など、コウノトリにまつわる観光施設もあるが、『ハチゴロウの戸島湿地』は野生に戻ったコウノトリを間近で観察しやすい絶好の「見どころ」なのだ。

⇒【後編】へ続く「見るだけじゃなく、コウノトリのために働いてみる」
http://nikkan-spa.jp/317331


<文と写真/寄本好則(三軒茶屋ファクトリー)>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中