「99枚しか残さない」究極の名刺活用法

「日々たまっていく名刺……どう管理したらいいのか?」というのはビジネスマン共通の悩み。名刺フォルダで名前順や会社ごとなどに分けるといったアナログ管理はもう古い!? 名刺をデジタル管理することで、単に効率化するだけではなく、ときには仕事を生み出してしまう人たちがいるのだ

◆究極の“アナログ”名刺活用術99枚名刺手帳とは?

荒木亨二氏

荒木亨二氏

 SPA!では、これまでデジタルを駆使した名刺活用術を紹介してきた(http://nikkan-spa.jp/332971)が、その根底にあるのは、多すぎる名刺を手軽に管理したいという悩みだ。しかし、アナログな管理によって、名刺を“選抜する”という逆転の発想を編み出した人がいる。コンサルタントの荒木亨二氏だ。

「名刺は99枚しか残さない」として、そのノウハウを書籍にまとめた荒木氏は「人脈の量でなく質を管理する方法を考えた結果、名刺99枚に辿り着いた」と言う。

 彼が使っているのは、システム手帳をカスタマイズしたもの。3枚収納できる名刺用リファイルを用意し、各ファイルごとに上から「親」「子」「孫」と並べていく。

「『親』は人脈づくりのキーマン。その人を起点にすることで、人間関係が一目で把握できます」

 大量の名刺から99枚選ぶのは難しいと感じるかもしれない。しかし、「社長などエグゼクティブの人に試してもらったら、50枚も残らなかった」と言う。

「彼らは付き合う人数の多さではなく、人を見る目が厳しいから、そのポジションにいる。99枚を選ぶことで、僕らも肩書ではなく、その人が本当に自分にとって“使える人物”なのかを見極める力が身につくようになるんです」

名刺手帳

これが99枚名刺手帳。眺めるのは今や、日課だそうだ

 99枚という枚数はあくまで目安。重要なのは、自分にとってその人はどういう人物なのか。それを正しく認識することにある。

「名刺を99枚に厳選すると相手との付き合いが深まるので、むしろ人脈は広がります」

 もはや、この名刺手帳なしには仕事ができないという。

「手帳を眺めていると、『この人とこの人がいれば、こんな新しいことができる』と次々にアイデアが湧いてくる。僕にとっては欠かせない“魔法の手帳”ですね」

【荒木亨二氏】
荒木News Consulting代表。執筆業もこなし著書に『名刺は99枚しか残さない』(メディアファクトリー)、『就職は3秒で決まる』(主婦の友社)

取材・文/小山田裕哉 佐藤留美 杉原光徳(ミドルマン) 高島昌俊
撮影/渡辺秀之 難波雄史・山田耕司(本誌)
― 革命的!名刺デジタル活用術【6】 ―

名刺は99枚しか残さない

10年以上99枚の名刺で結果を出し続けたメソッドを公開

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中