JRが本気を出しすぎた「新幹線ロボ」に注目!東京おもちゃショー2014

Project E5

Project E5

 国内最大級のおもちゃ見本市「東京おもちゃショー」が東京ビッグサイトで開幕した。スマホ連動やモーションセンサー内蔵のハイテクおもちゃが注目を集めるなか、一風変わった男心くすぐるおもちゃと美人コンパニオンをチェックしてみた。

 まず、派手な演出で目を引いたのは、ジェイアール東日本企画の「Project E5」。新幹線E5系電車が人型ロボットに変形したら、という妄想をカタチにした全長2メートルはある巨大展示物で、360度回転しながらスモークや照明で飾られていた。ブースのモニターには、プロモーション映像も流れており、レールの上を疾走する変形新幹線の姿をうっとり眺めている男性の姿が目立っていた。

 なお、現段階ではあくまで「コンセプトモデル」の展示に留まり、デザイナー名の公表、今後の製品化の予定については後日発表とのこと。広報担当者も「本気を出しすぎた」と展示物の完成度について満足気であった。続報に期待しよう。

 会場では、数社からW杯関連のおもちゃの展示、ユニフォーム姿の美人コンパニオンの姿も見られた。エポック社のテーブルサッカーは日本代表モデルを、バンダイからはラモス瑠偉、セルジオ越後の音声入り応援グッズが展示されていた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/660110/toyshow14_02

 スマホやW杯といったトレンドに沿った商品以外にも注目。カワダのわずか4mmの小型ブロックで様々な造形ができる「ナノブロック」シリーズは、ポケットモンスター、仮面ライダー、くまモンといったキャラクターコラボ商品を多数展示。ポケモンは6月に登場する第2弾全4種と大好評で完売し再販が決まった第1弾全4種が、仮面ライダーは6月発売の第1弾と10月発売の第2弾が展示されていた。

 小中学生でポケモンにハマっていた若い親世代が子どもと一緒に楽しめる商品だという。小さいブロックのため、幼児の誤飲も心配だが、飲み込んでも溶けずにそのまま排泄される素材でできているとのこと。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/660110/toyshow14_06

 個性派おもちゃでは、タカラトミーアーツの「お寿司戦隊シャリダー」に注目。回転寿司のレーンを回るお寿司をプッシュすると、人型ロボに変形するという展示に、海外メディアも釘付けになっていた。第1弾は7月から「シャリダートロ丸」「シャリダーサーバイン」ら全5種が発売。今後も、お椀やアガリなど戦隊たちが乗り込めるグッズが発売されるそうだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/660110/toyshow14_10

 最先端おもちゃに触れるもよし、好みにあった個性派おもちゃを探すもよし、そして美人コンパニオンにも注目してみてはいかがだろうか。バンダイのカプセル玩具「ガシャポン」新商品を紹介するコーナーにいたコンパニオンの衣装は、太もも部分が透明ビニール素材になっていた。さらに、ベルト部分にはハンドルがあり、横には「注意 本物のガシャポンではありません。ベルトを回してもカプセルは出ません。」とご丁寧な注意書きラベルが。

 東京おもちゃショーは、6月14日、15日の2日間に一般公開となる。こういったメーカー側の細かい遊び心にも注目しながら楽しんでみてはいかがだろうか。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/660110/toyshow14_14

<取材・文・撮影/林健太>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中