プロ野球人気復活で外国人客も増加「ビールの売り子がキュート!」

プロ野球 レギュラーシーズンが終了し、いよいよクライマックスシリーズが開幕したプロ野球。今年は実数発表となった05年以降最多の観客動員を記録し、パ・リーグが初の1000万人突破。広島、横浜、オリックス、楽天が球団新記録を樹立するなど、野球人気は完全に復活している。

◆日本の野球を観るなら“コーシエン”

 そんななか、球場に通っていて筆者が感じたのは外国人客の増加だ。それもパッと“観戦”しにきただけでなく、ユニフォームを着て応援歌を口ずさむなど、“応援”している外国人が増えている印象を強く受けた。相手外野手には“This is our house!!”とチーム愛をアピールし、味方野手には野球少年さながらの歓声をあげるなど、その熱意は本物だ。

 また、インターネット上を見ても外国人のプロ野球に対する関心は増しているようす。これまで欧米の掲示板ではメジャーに在籍している日本人選手や、移籍が噂される選手の話題が中心だったが、ここ数年はプロ野球そのものに関するスレッドも少なくない。大手掲示板「reddit」では「初めて日本の野球を観てきたけど、めっちゃ面白かった!」という初心者向けのものから、「日本の大阪にある閉場された野球場」という、今はなき大阪スタヂアムを紹介するマニアックなものまで、さまざまなテーマでプロ野球が語られていた。

「周りにカープファンの友達が多いから、“ジングースタジアム”に来るたび観に行ってるよ。チケットも安いし、ビールや食べ物も安い。しかもキュートな日本人の女の子がビールを運んできてくれるんだ」

「ジャイアンツの試合に行ったけど、アメリカの野球よりよっぽどおもしろかった。ビールも安いし!」

「なにを言ってんだ。“コーシエン”に行かなきゃ日本の野球を観たとは言えないぜ」

 身近に足を運べて手頃な値段で楽しめるという、ある意味“ローカル”な球場の空気は外国人客にもアットホームに感じられるようだ。

◆「はじめはジェット風船がコンドームに見えた」

 もちろん外国人に好評なのはインフラ面や飲食物だけではない。7回に打ち上げられるジェット風船など、もはや日本人にとっておなじみの光景も外国人客の目には魅力的に映っている。

「(ジェット風船の写真を見て)7回のチ○コな」

「スカイ・スパーム(精子)って言うんだっけ?」

「あの風船は楽しいよね。日本人の同僚は気にしてなかったけど、はじめはコンドームにしか見えなかったよ」

 また、トランペット、笛、太鼓といった鳴りものを使った応援も外国人客には新鮮なよう。なかには積極的に応援団の近くに座るというコメントや、じっさいに応援団に所属していたというものも見られた。

「バンド(応援団)が演奏したり、応援席があったり、アメリカとはぜんぜん雰囲気が違うよね。日本人のファンと一緒に行って応援席に近いところに座ると格別だよ」

「ボビー・V(ヴァレンタイン)のドキュメンタリーを観てから、ずっとマリーンズの試合が観たかった。チバ! ロッテ! マリーーーンズ! だろ?」

「ときどき、日本でタイガースの“オウエンダン”とすごした時間がマジで懐かしくなるよ」

 長い歴史を誇るプロ野球。80年の間に培われた独自の応援スタイルや、メジャーリーグとは違ったプレースタイルはまさに「クールJAPAN」と言えるだろう。観客動員数が増えるなか、プロ野球を楽しんでいるのは日本人だけではないのだ。 <取材・文/林バウツキ泰人>

※参照元:reddit
http://www.reddit.com/r/japan/comments/2hockk/went_to_my_first_baseball_game_in_japan_i_had_so/ http://www.reddit.com/r/baseball/comments/249ril/i_recently_visited_japan_and_got_to_go_to_an_npb/

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中