スポーツ

“球団愛”が強いカープ選手たち。愛車はやっぱりマツダなのか?

広島東洋カープ

広島東洋カープ公式サイトより

 ついにプロ野球が開幕した。日本ハム・大谷翔平の「二刀流」や松坂大輔の日本球界復帰など今年も見どころは多いが、開幕前から高い注目を集めているのが広島カープ。

 年俸20億円の契約を蹴って米ヤンキースから古巣復帰した黒田博樹、「メジャー挑戦よりも広島で優勝することが目標」と残留を決意した前田健太。「プロはカネやキャリアを追い求めるのが当たり前」という風潮があるなか、“球団愛”を優先する選手が多いところも、カープファンが「今年こそは!」と24年ぶりのリーグ優勝に高い期待を寄せていることが推察される。

 カープ選手たちのありあまる球団愛。サラリーマン社会に置き換えてみれば、“愛社”精神ともいえる。では、愛社ならぬ“愛車”についてはどうなのだろうか。広島といえば、マツダだが、やはりカープの選手たちの愛車もマツダなのだろうか。

 ベースボール・マガジン社が毎年発売している「週刊ベースボール 2月21日増刊号 2015プロ野球全選手カラー写真名鑑」によると、広島東洋カープの選手に一番人気の車は以下の通り。

<選手>
・4人…トヨタ(レクサス、ヴァンガード、ヴェルファイア、セルシオ)
・3人…メルセデス・ベンツ
・2人…キャデラック(エスカレード)、ハマー
・1人…ポルシェ、フォード(マスタング)、ボルボ、フェラーリ、クライスラー
・0人…マツダ、他


 カープの全選手74人(育成選手を含む)のうち、愛車に「マツダ」を挙げている選手は一人もいなかった。

 ちなみに、最後にカープが日本一に輝いたのは1984年。その翌年に発売された「プロ野球選手写真名鑑」では、選手の愛車で1位となったのはマツダ(6人)で、続いてメルセデス・ベンツ(4人)となった。1985年と言えば、高橋慶彦、衣笠祥雄、山本浩二らがカープに所属していた黄金期であるが、当時はマツダ車が一番人気だったのだ。

 そもそも昨今では、プロ野球選手の愛車欄は未回答が目立つ。これらの選手は愛車を所有していないのだろうか? 週刊ベースボール編集部によると「選手のプロフィールはあくまで自己申告なので、愛車を持っていても回答しない選手もいる」とのことだ。回答しないのは、マツダを意識してのことなのだろうか……。

<広島カープ「愛車」欄の回答率(監督・コーチを含む)>
・10~20代…12%(50人中6人)
・30代…44%(27人中12人)
・40代…75%(12人中9人)
・50~60代…40%(5人中2人)


 マツダは、今年もプロ野球・オールスターゲームの冠スポンサーを務め、地元・広島東洋カープの筆頭株主でもあるが「親会社」ではない。筆頭株主は、球団経営への意思決定に多大な影響を持つことが多いが、マツダ広報担当によると「球団は独立採算で運営されており、経営には関わっていない」という。

「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」という球場名も、あくまでネーミング・ライツとして広島市に広告費を支払う形で契約されているものである。

 広島球団は1975年以来、黒字経営が続いており、赤字になってもそれを補填する親会社を持たない「市民球団」だ。県はマツダ車を公用車に採用するなど、両者の関係は切っても切れないものではあるが、意外とそこはドライなのだろう。

 空前の“カープバブル”に、赤ヘル黄金時代の再来となるのだろうか。

<取材・文/北村篤裕>




おすすめ記事