「1万円以下の激安風俗店はブスしかいない」説を本気で検証してみた

1万円以下の激安風俗店

彼女の素顔と悩殺ボディを見たければ今すぐ袋とじを開封せよ!

「安かろう悪かろうという時代は、もう終わりました」と激安風俗の状況を話すのは、SOD風俗覆面調査団の金丸伸吾氏だ。その裏には店側の営業努力があるという。

「店の利益率を下げたり、スカウトマンを使わなかったり待機場所を持たないなどという徹底したコスト削減によって、低価格を実現する店が増えたんです。今はこうした経営努力をする店だけが生き残れる時代。しかも激安店は回転率がよく稼げるため、実際には働く女のコも集まりやすいんです」

 今年初めには激安風俗のトップランナーだった「サンキュー」が客からのクレームなどもあって逮捕者を出す騒動を起こしたが、同店も5月末から営業再開。低価格戦争はさらに激しさを増していきそうだ。

「そのぶん、今では激安店も、ただレベルの低いコを安く提供するだけじゃやっていけなくなっています。ひと昔前は激安といえば『太ったおばさん』ばかりでしたが、店のジャンルも多様化しているし、なかには『え、こんなコが!?』というレベルの嬢だっていますよ。もちろん、全部が全部そうとは言い切れませんけどね(笑)」

 とはいえ、激安店のなかには写真を修正しまくってまるで別人のように加工する“パネルマジック”を悪用する店も少なくない。なかにはそれを恐れて足を踏み出せないという人も多かろう。7/14発売の週刊SPA!に掲載されている袋とじ特集『[激安風俗嬢]無修正で全部出す』では、優良激安店にご協力いただき、各店の売れっコ嬢を顔出し&乳出しであますところなく紹介している。果たして、謎の満ちた“激安クイーン”の素顔とは? そして、諭吉1枚以下で実際に拝むことができる彼女たちの悩殺ボディとは・・・? ただ安いだけじゃない彼女たちの“真の実力”を確かめたければ今すぐ袋とじを開け、未知なる激安の世界に飛び込んでみよう! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!7/21・28合併号(7/14発売)

表紙の人/ ナインティナイン

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中