ライフ

非リア充が「サードウェーブ男子」を1日体験。おしゃれな“丁寧な暮らし”に耐えられるのか!?

 清澄白河から都営大江戸線に揺られて5分。蔵前駅にある「ダンデライオンチョコレート」へ向かう。サンフランシスコ発祥のクラフトチョコレート会社が海外進出してできたお店で、外まで行列ができている。  名物のホットチョコレートを買おうと並んでいたら、商品ができるまでに時間がかかるようで、ここでもレジで名前を聞かれる。「地主です」と伝え、窓際の席で注文を待つ。
ダンデライオンチョコレート

ホットチョコレートを買うと、食べたことない感じのマシュマロが好きなだけつけられる

 外を見ると、ブルーボトルの紙袋を持った男性がいた。やはり、サードウェーブ男子の巡礼コースのようで、若干の気恥ずかしさを抱いていると、「地主さーん」という声が店内に響いた。知り合いか。「様」ではなく「さん」で演出されたフレンドリーさ。この感じも、サードウェーブっぽい。ホットチョコレートは、おいしかった。関係ないけど、どうしてこういうお店の椅子は背が高いのか。それとも私の脚が短いのか。長居はさせないということなのか。  腰が痛くなってきたので20分ほど歩いて、馬喰町にある「アガタ竹澤ビル」に向かう。なんの変哲もない雑居ビルだが、ギャラリーが4つも入り、雑貨屋などもある。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1071003
アガタ竹澤ビル

ビルに入って「ここは何ですか?」と聞くと、「ギャラリーです!」と食い気味に言われた

 入り口の「アガタ」とビル名が書かれた看板はレトロな書体で、それが逆にお洒落に見える。昭和モダンといえばいいのだろうか。ビルの階段を地下へとおりる。ドアを開けると、あるのは現代美術。詳しく説明したいけれど、なんと表現していいのかわからなかった。私は美大を出ているが、あの4年間で何を学んだのだろう。
次のページ 
最後に、高架下とクラフトビール
1
2
3
インスタント リア充 人生に「いいね!」をつける21の方法

英ガーディアン紙認定「世界でもっとも気持ち悪い男」ランキング第1位に選ばれたボクの妄想サクセス・ストーリー。

妄想彼女

ひとりデートマスターとして名高い著者が、実在しない架空の彼女との、出会い、結婚、出産までを描いた妄想恋愛小説。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事