スポーツ

ヨコヅナが“ロイヤルランブル”優勝!――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第137回

WWEオフィシャル・マガジン

“相撲レスラー”ヨコヅナが“ロイヤルランブル”に優勝し、“レッスルマニア9” のメインイベント出場権を獲得!(写真はWWEオフィシャル・マガジン1993年4月 号表紙より)

 30選手出場・時間差式変則バトルロイヤル“ロイヤルランブル”の優勝者がその年の“レッスルマニア”のメインイベント出場権を獲得するというトラディションがスタートしたのは1993年の同大会からだった(1993年1月24日=カリフォルニア州サクラメント、アーコ・アリーナ)。

 PPV“ロイヤルランブル”全5試合のラインナップは、第4試合が“ヒットマン”ブレット・ハート対レーザー・ラモンのWWE世界ヘビー級選手権、第5試合が変則バトル“ロイヤルランブル”というレイアウトになっていた。

 “ロイヤルランブル”の出場メンバーは(1)リック・フレアー(2)ボブ・バックランド(3)パパ・シャンゴ(4)テッド・デビアス(5)ブライアン・ノッブス(6)バージル(7)ジェリー・ローラー(8)マックス・ムーン(9)天龍源一郎(10)カート・ヘニング(11)スキナー(12)ココ・B・ウェア(13)サムー(14)バーザーカー(15)アンダーテイカー(16)テリー・テイラー(17)ダミアン・ディメント(18)IRS(19)タタンカ(20)ジェリー・サッグス(21)タイフーン(22)ファトゥー(23)アースクェイク(24)カルロス・コロン(25)ティト・サンタナ(26)リック・マーテル(27)ヨコヅナ(28)オーエン・ハート(29)リーポマン(30)ランディ・サベージの30選手(エントリー順)。

次のページ 
試合開始前には…

1
2
3





おすすめ記事