スポーツ

ストーンコールドが“ロイヤルランブル”優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第277回(1998年編)

PPV“ロイヤル・ランブル”オフィシャル・ポスター

大本命ストーンコールドが真冬のスーパーイベント“ロイヤルランブル”で30選手出場・時間差式変則バトルロイヤルに2年連続優勝。“レッスルマニア14”のメインイベントに駒をすすめた(写真はPPV“ロイヤル・ランブル”オフィシャル・ポスターより)

 WWEの1998年のPPV第1弾、1.18“ロイヤルランブル”はカリフォルニア州サンノゼのサンノゼ・アリーナに1万8542人の大観衆を動員。興行収益41万4373ドル、会場内でのグッズ売り上げ15万9023ドルという数字をはじき出した。

 同大会の有料入場者数は、それまでのカリフォルニア州の公式レコードだったレイ・スティーブンス対ペッパー・ゴメスのUSヘビー級タイトルマッチ(1962年=サンフランシスコ、カウパレス)がつくった1万7000人という記録を上回る数字。興行収益では、この前年、WCWのPPV“スーパーブロール”(1997年2月23日=カウパレス)が打ち立てた19万2000ドルの新記録をダブル・スコア以上で塗り替える数字だった。

 公式ラインナップは①ベイダー対ゴールダスト②マックス・ミニ&ノヴァ&モザイク対バタリオン&トリト&タランチュラのミゼット6人タッグマッチ③ロッキー・メイビア対ケン・シャムロックのインターコンチネンタル選手権④LOD(アニマル&ホーク)対ニューエイジ・アウトローズ(“ロードドッグ”ジェシー・ジェームス&ビリー・ガン)⑤30選手出場・時間差式変則バトル“ロイヤルランブル”⑥ショーン・マイケルズ対ジ・アンダーテイカーのWWE世界ヘビー級選手権“棺おけマッチ”の全6試合。

次のページ 
通算11回めは、全28選手30キャラクター出場

1
2
3




おすすめ記事