スポーツ

東京の日ハムファンが「0%」だった時代 【祝・札幌移転初200万人動員! 】

北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ公式サイトより

 10年ぶりの日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズは今年、もうひとつの悲願も叶えた。それは04年の札幌移転以降初となる、主催試合での観客動員200万人突破だった。満員の札幌ドーム、色とりどりのユニフォームに身を包み、応援ボードを掲げるファンのなかには女性の姿も多い。

 筆者は35年来の日ハムファンである。81年の大沢親分の胴上げも、おぼろげながら覚えている。ガラッガラの東京暗黒時代から観ている者としては、変わったなあと。もはや別物であるとすら感じる。感覚的な表現でわかりにくいかもしれないが、いま現在のチームは「ファイターズ」で、東京時代は「日ハム」だった。

 いま北海道で愛されているチームは洗練されたイメージゆえ思わず「ファイターズ」と呼びたくなるし、逆に東京時代は何か野暮ったさの象徴みたいな気がして、「日ハム」という呼び方がしっくりきた。その証拠に、東京時代は気恥ずかしくて「ファイターズ」なんて呼んだことがなかった。

 40代以上の日ハムファンの多くはそうだと思うが、まず愛するものを否定されるところから、そのファン歴が始まる。

「え!? なんで?」

 好きな球団を聞かれ、「ハム」と答えると、まずそう聞き返される。これは、ひどい。考えてみてほしい。

「お前、学校で好きなコいるんだろ?」
「えっ、○○ちゃん」
「え!? なんで?」

「なんで?」のなかに、「なんでそんなブスが好きなの?」という心の声が聞こえてくる。そうか、日ハムはブスなのか、と幼心に世間の評価に戸惑うのである。

次のページ 
東京ドームの外野スタンドは、くすんでいた

1
2
3
俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録





おすすめ記事